モタスポブログ

2016.09.20

ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報


 日本との時差はわずか1時間ながら、ヨーロッパ時間でスケジュールが進行するシンガポールGPの現地情報をムッシュ柴田がお届け。スタート直前のグリッド上には、ホンダ八郷社長の姿も。

———————————————

 おかげさまで、絶命したかと思われたパソコン、無事に復活いたしました。
ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 何とシンガポールGP週末のメディアセンターには、パソコンの専門家が出張してきてまして、彼らが迅速に手配をしてくれ、一晩で直してくれたのでした。チップセットを交換して、300シンガポールドル(約25000円)の出費は痛かったですが、これで普通に通常作業ができます。

 で、ナイトレースで、ヨーロッパ時間で進行するシンガポールGPですから、その晩も現地時間午前4時過ぎまでメディアセンターで、しこしこ原稿を書いておりました。すると突然ゴオ〜っという音がしたので、メインストレートに面した窓の方を振り返ってみると、
ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 何とまあ、雷鳴とともに大雨です。
ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 その中を懲りずにジョギングを続けるランナー。このままホテルまで走って行って、シャワーを浴びるつもりなんでしょうか。僕はほんの30分ほど前に走り終えてて、滑り込みセーフでした。

 スコールはなかなか止まず、1時間以上足止め。そして翌朝、というか現地時間ではすでに午後2時を過ぎてましたが、ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 決勝当日は明け方の土砂降りがウソのような快晴でした。午後なのに関係者の体内時計は朝だし、「Good morning」と「Good Afternoon」の挨拶が乱れ飛んでました。

 お、懐かしい人が。ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 1990年代、ヤマハF1の開発責任者だった木村隆昭氏です。確か現在もヤマハ発動機副社長のはずですが、「ナイトレースがどんなもんか、観に来たんよ」と、一人でふらっと訪れたようで、相変わらず抜群のフットワークの軽さでした。

 一方フォースインディアの前ではメカニックたちが群がり、ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 そこにレッドブルのスタッフも加わって、何かをじ〜っと眺めてます。何だろうと近寄ってみると、ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 体長15cmはありそうなカマキリが、自分の腹を咥えてる。確かに珍しい光景ですが、メカニックの皆さん、もうすぐレース始まりますよ!

 パドックを歩いていると、ちょうどパレードからドライバーたちが戻ってきたところでした。GP週末は分刻みのスケジュールなのもあって、他チームのドライバーとはほとんど口をきく機会がありません。なのでこんな二人や、ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 こんな二人がかなり親しげに談笑してる光景を目撃すると、ちょっと意外な感じがしました。ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 ま、フェルスタッペンとフェラーリの二人は、今のところは積極的に雑談するつもりはないでしょうけど。

 レーススタート直前のグリッドには、ホンダの八郷社長も姿を見せてました。ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 去年の3月、社長就任直前にメルボルンに来た時も含めると、今回がなんと5回目のF1訪問です。歴代社長でも、八郷さんほど頻繁に来てた人はいなかったと思います。個人的にも相当お好きな上に、F1活動を重視してるということなんでしょう。ホンダ八郷社長がアロンソを激励@シンガポールGP現地情報 激励の言葉を掛けたアロンソは、ものすごいロケットスタート決めて、7位入賞。本人は「一時は表彰台に上がることも期待した」と、レース後に言ってました。それは鈴鹿まで、取っておきましょうか?


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
小越しほみ(おごししほみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)

26日(Sat)

インディカー・シリーズ 第15戦ゲートウェイ

Japanese FIA-F4 第11戦鈴鹿サーキット