モタスポブログ

2018.01.15

かまぼこ縁石もなんのその。赤褐色の建物が印象的なマラケシュ/ふとりカメラマンのフォーミュラE現地ルポ1


 2018/19年からニッサンがワークス参戦を表明し、日本でも注目が集まっているフォーミュラE。このレースを2014/15年の初年度からフォローしている数少ない日本人カメラマン、太(ふとり)カメラマンが1月13日の2017/18年第3戦マラケシュE-Prixに潜入。そのルポをお届けします。

 日本では、なかなか馴染みの薄いモロッコという国でのフォーミュラE、その現場の様子をご堪能ください。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

はじめまして! フォーミュラEを現地で撮影しているカメラマンの太(ふとり)です。

簡単ですが、自己紹介を。

1989年にF1をTVで見てから、すっかりモータースポーツの虜に。その後、F1やWECをサーキットで観戦するようになりました。

フォーミュラEは発足初年度の初戦、北京E-Prixから現地で撮影を行っています。全戦に足を運べているわけではありませんが、シーズンを追うごとに現地へ出向く回数も増加。2018/19年のシーズン5以降からは全戦での撮影を検討しています。

さて、フォーミュラE第3戦は、唯一のアフリカ開催のマラケシュ(モロッコ)大会。

日本からモロッコまでの直行便はなく、今回は中東経由。東京を出発してから24時間で到着です。空港内が改装されて綺麗になっていました。

さて、今回はマラケシュE-Prixを翌日に控えた現地の様子をお届けします。

まずは、コースを少し歩いてみます。

先日、フォーミュラEのタイトルスポンサーとなったABBです。

設営真っ最中です。

観戦スタンドがある5コーナー。昨シーズンのマラケシュE-Prixでは、これくらいの段差もガンガン乗り上げていました。

次は、ピットを歩いてみます。各チーム、車検、マシン交換のための乗り換え練習をしています。

前回の香港E-Prix(レース1)、ピットインでマシンを止められずガレージに入れられなかったサム・バード選手、今回はメカニックの押しがけからのマシン乗り換え練習です。

ガレージ奥に置かれている”STOP”サインが止める位置です。なんと、いきなり”STOP”サインに当ててしまいました……。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRL/2018SGT
一瀬優美(いちのせゆうみ)

Photo Ranking

フォトランキング