モタスポブログ

2016.06.04

南仏は炎上していました。無料の日刊紙いろいろ/モナコ特派員レポート


モナコ特派員レポート

モナコGP

F1モナコGPの番外編として、臨時特派員のムッシュ柴田が、パドック外の様子をお届け。セレブだらけの華やかな場所ばかりではなく、ただいま南仏はデモやストの季節で炎上中。しかし、ストには意外なメリットもあったりして……。

○ ○ ○ ○ ○

01IMG_0429

ウエットレースとなった決勝当日から一転、翌日のコートダジュールは雲ひとつない快晴でした。これだけ、さわやかに晴れられると「ここに暮らしてもいいかな〜、毎日のんびりジョギングでもしたいな〜」なんて思うんですが……

02IMG_0432

ところがどっこい、南仏の治安の悪さは、パリをはるかにしのぐ物騒さ。この2週間ほどは、労働法改正反対のデモやストライキがフランス全土で頻発してまして

03IMG_0383

機動隊とデモ隊がガチでぶつかったり

04IMG_0408

石油精製工場のストライキでガソリンが足りなくなり、ガソリンスタンドでは長蛇の列ができたり。

ここ数年、モナコGPではレンタカーではなく電車通勤している僕は、車内で新聞を読みながら「クルマの人は大変だな〜」と他人事のようにつぶやいていたのですが

05IMG_0384

フランス国鉄が、ストをしないはずはありません。もともと1時間に2本程度しかないニース〜モナコ間の電車が、さらに減らされ、モナコ駅のホームには電車を待つ人々があふれていました。

では、みんな文句タラタラかというと、そんなことはありませんでした。というのも本数こそ少ないんですが、列車が時間通りにピタッとやってきて、ピタッと出発するからです。通常だと15分、20分遅れはザラで、何もアナウンスなしに運休されたこともありました。組合に入っていない管理職が運行してるから、時間に正確なんでしょうかね。いずれにしても例年より、ずっとストレスを感じない電車通勤でした。

さて今回はフランス新聞事情を、ちょっと紹介しましょうか。上でお見せした新聞は駅前や繁華街などで、毎朝無料で配ってるものです。

06IMG_0439

配っているのは、おばちゃんと、おにいちゃん。「ディレクト・マタン」と「20minutes」というのが無料新聞界の2大勢力ですね。すべて製作費用は広告収入で賄い、無料なので発行部数は旧来の新聞をしのいでます。しかも無料新聞といっても、独自取材の記事満載で、かなりしっかりした作りです。衰退著しい日本の新聞業界も、この可能性を考えるべきだと思うんですけどね。

07IMG_0441

こちらは「ディレクト・マタン」モナコGP後の月曜日のスポーツ面です。テニスの全仏オープン真っただなかで、それもあってF1の記事は片隅に追いやられてました。

08IMG_0444

一方こちらは、南仏を代表する地方紙「ニース・マタン」。中折りで15ページものF1特集を組んで、気合いが入ってるところを見せました。ちなみにモナコにも一応「モナコ・マタン」という日刊紙があるんですが、あまり読まれてないみたいです。

09IMG_0445

モナコGPを訪れたセレブな人々の紹介に見開き2ページを費やしているところは、ローカル色豊かという感じ。

見出しのつけかたも独特です。ペレスとアロンソの上位入賞を報じた右側のページ。

10IMG_0446

「ペレス、アロンソ、オレ!」って……。確かにメキシコでも闘牛は行われますが、あくまで本場はスペインでしょ。いろいろ強引。

11IMG_0426

しっかし、いい天気だったな〜。

○ ○ ○ ○ ○

柴田久仁夫(しばた・くにお)

1982年よりパリ在住。TVディレクターとしてヨーロッパ、アフリカ各国を10数年間取材。初めてのF1は1987年のモナコGP。中嶋悟という日本人が参戦していると聞いて興味本位に首を突っ込み、以来そちらが本職に。幸い旅行が大好きで年間100日以上のホテル暮らしも苦にならない。趣味はランニングと、おいしいものを食べて飲むこと。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

IDEAL/OAM2017
双月南那(ふたつきなな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Wed)

23日(Thu)

24日(Fri)

25日(Sat)

スーパーGT公式テスト(富士スピードウェイ)

26日(Sun)

スーパーGT公式テスト(富士スピードウェイ)

MotoGP 第1戦カタールGP

F1 第1戦オーストラリアGP

27日(Mon)

28日(Tue)

ELMS 公式テスト(モンツァ)