海外レース他ニュース

2017.03.22

DTM運営組織のITR e.V代表が交代。ゲルハルト・ベルガーが新チェアマンに就任


 DTMドイツツーリングカー選手権を運営するITR e.Vは3月21日、これまで代表を務めてきたハンス-ベルナー・アウフレヒトに代わって、元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーが代表に就任すると発表した。

 これまでDTMは、H.W.Aなどメルセデスベンツのモータースポーツ活動の礎を築いたアウフレヒトが『DTMの父』として長年代表を務めてきた。アウフレヒトは今日のDTMの繁栄を築いたほか、“クラス1”規定設立に向け、スーパーGTのプロモーションを務めるGTアソシエイションとも長年交渉に当たった。

 そんなアウフレヒトの後任には、1980年代から90年代に渡ってF1ドライバーとして活躍し、フェラーリやマクラーレン・ホンダのドライバーとして日本でも高い知名度を誇るゲルハルト・ベルガーが就任することになった。

 ベルガーは1997年を最後に現役を退いた後、BMWのモータースポーツディレクターやレッドブル/トロロッソに携わり、2012〜14年にはFIAのシングルシーター・コミッティの委員長に就任するなど活躍していたが、今回DTMのチェアマンとしてシリーズの変革を担うことになった。

2016年DTM最終戦のスタートシーン
2016年DTM最終戦のスタートシーン


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング