海外レース他ニュース

2017.05.15

アニメやゲームを満喫できず意気消沈。チームの戦闘力には手応え/高校生ドライバー佐藤万璃音ヨーロッパ挑戦記2017 第2回


 2017シーズンのFIAヨーロピアンF3選手権(ユーロF3)に、高校生ドライバー佐藤万璃音がデビューした。第1大会は4月14~16日にイギリス・シルバーストンで、第2大会は4月28日~5月1日にイタリア・モンツァで、それぞれ開催された。直近2大会を戦い終えた万璃音は、次のように切り出した。

「2月にモトパークからのユーロF3参戦が決まって以降、アニメを観たり、ラノベ(ライトノベル)を読んだり、ライブを楽しんだり、ゲームに夢中になったり、アキバへ行ったり──そうした楽しい時間が激減して落ち込み気味の佐藤万璃音です」

FIAの規則に基づくレスキュー訓練に駆り出された万璃音
FIAの規則に基づくレスキュー訓練に駆り出された万璃音

「しかも、17シーズンは僕のレーススケジュールと(アニソンアーティストの)LiSAさんのアリーナツアーが重なり、ライブを観覧できなくなったので悲しくて仕方ありません」

「今年はチーム本拠地のあるドイツ・オッシャースレーベンへ行く機会が増えました。テストやレースの前には必ずモトパークのファクトリーへ顔を出し、エンジニアと来たるイベントに向けての打ち合わせ、チーム保有のシミュレーターで数日間の特訓と、修行僧のような日々です」

「ホテル暮らしも多くなり、つかの間(イタリア・)フォルリへ戻っても、トレーニング、炊事、洗濯、掃除、学業で毎日がいっぱいいっぱい」

「日々の少ない楽しみのひとつが食事です。フォルリにいる間は自炊したり、行きつけのレストランを訪問したり、それなりに充実しています。ただ、オッシャースレーベンはフォルリに負けないくらいの田舎で、食事の面ではまったく期待できません」

イギリスでスパイスの効いたチキン料理を楽しんだ万璃音
イギリスでスパイスの効いたチキン料理を楽しんだ万璃音

「開幕大会で訪れたイギリス・シルバーストンでは、中華料理とポルトガル・モザンビーク料理などでなんとかしのぎました。和食が恋しくて仕方ありませんでした」

■「シーズン開幕前はぶっちぎりの最下位争いを予想」。開幕2戦で上位進出に手応え


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
山崎さとみ(やまざきさとみ)

Photo Ranking

フォトランキング