海外レース他ニュース

2017.06.14

TOYOTA GAZOO Racing 2017年NASCAR第14戦ポコノ レースレポート


ルーキーのエリック・ジョーンズが自己最高の3位 カイル・ブッシュがレース支配も終盤のコーションに泣く

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第14戦ポコノ

ルーキーのエリック・ジョーンズが自己最高の3位
カイル・ブッシュがレース支配も終盤のコーションに泣く

“トリッキー・トライアングル”ポコノで行われたカップ・シリーズ14戦は、カイル・ブッシュが2戦連続のポールポジションからレースの大半を支配したが、終盤に出されたコーションで惜しくも後退し9位。

 レースを通してトップ5で戦ったルーキーのエリック・ジョーンズが自己最高位となる3位でフィニッシュした。
 
 エクスフィニティ・シリーズではペナルティで大きく順位を落としながら追い上げたダニエル・スアレツが5位。テキサスで行われたキャンピング・ワールド・トラック・シリーズでは、クリストファー・ベルが今季2勝目を挙げた。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第14戦 Pocono 400

開催日:6月11日

ルーキーのエリック・ジョーンズが自己最高の3位
カイル・ブッシュがレース支配も終盤のコーションに泣く

 6月11日(日)、米国東部ペンシルバニア州ロングポンドのポコノ・レースウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第14戦「Pocono 400」が開催された。
 
 ポコノは1周2.5マイルと長く、3本のストレートをそれぞれ曲率、バンクが異なる3つのコーナーで繋いだ3角形レイアウトを持つ独特のコースで、「トリッキー・トライアングル」の愛称を持つ。
 
 ストレートエンドでは320km/hを超えるなどハイスピードだが1周が長いため、グリーン下でピットインしても周回遅れになりにくく、それを踏まえた様々な戦略がとられる。

 トヨタ勢ではデニー・ハムリンが過去2勝。ハムリンはトヨタ参戦前にも2勝を挙げ通算4勝と得意としている。また、2015年にはマット・ケンゼスが32番手スタートから勝利を挙げている。

レースを支配しながらも終盤のコーションに泣き9位に終わったカイル・ブッシュ(#18)と、自己最高3位フィニッシュのエリック・ジョーンズ(#77)
レースを支配しながらも終盤のコーションに泣き9位に終わったカイル・ブッシュ(#18)と、自己最高3位フィニッシュのエリック・ジョーンズ(#77)

 11日(日)午後3時22分、2.5マイルトライアングルオーバルを50周、50周、60周の3ステージ合計160周(400マイル:約640km)して競われる決勝レースのスタートが切られた。
 
 今季これまでに2勝、目下ランキング首位のマーティン・トゥルーエクス・Jr.は予選で2番手を獲得したが、決勝前にエンジン交換を行ったため、最後尾へとポジションを落としてのスタートに。

 このため、2戦連続、今季2度目のポールポジションを獲得したカイル・ブッシュと予選3番手のマット・ケンゼスが最前列に並んでスタートを切ったが、ケンゼスが出遅れポジションダウン。カイル・ブッシュは好ダッシュを決めると、序盤から後続を引き離していった。

 ステージ1は一度もイエローコーションが出ず、グリーン下でのピット作戦で中盤エリック・ジョーンズが首位に立ったが、エリック・ジョーンズがピットインした後はふたたびカイル・ブッシュが独走。ステージ1を制した。ステージ1で
はケンゼスが8位に入り、ボーナスポイントを獲得した。

 ステージ2は、スタート前のコーションでエリック・ジョーンズがタイヤ2本交換作戦をとり首位浮上。これをカイル・ブッシュが追い、60周目に首位を奪還した。
 
 ふたたびイエローコーションの出ない展開で、チーム毎に異なるタイミングでのグリーンフラッグピットが行われ、順位が入れ替わったが、トヨタ勢は上位を維持。一時はトップ4を占める速さを見せた。

 ステージ2の残り5周というところでクラッシュ車両によりイエローコーション。車両から出火し、赤旗中断に。レース再開後、残り2周で再スタートが切られ、カイル・ブッシュが2位、トゥルーエクス・Jr.が3位、エリック・ジョーンズが6位、ケンゼスが10位でステージ2を終えた。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ/2017SGT
鈴菜(すずな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)