海外レース他ニュース

2018.05.11

WEC:第2戦ル・マンから参戦のバトン、デビューに先駆けて5時間のテスト走行こなす


SMPレーシングでの初走行を行ったジェンソン・バトン

 6月16~17日に開催される第2戦ル・マン24時間から、2018/19年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”に参戦するジェンソン・バトンが、デビュー戦に先駆けてSMPレーシングとのテストに臨んだ。

 2009年のF1ワールドチャンピオンで、今シーズンはスーパーGT500クラスにフル参戦しているバトンは、WECのLMP1クラスに参戦するSMPレーシングと契約。チームが走らせる11号車BRエンジニアリングBR1・AERをドライブする。

 そのバトンは、スーパーGT第2戦出場を優先したため、5月3~5日に行われたWEC開幕戦は欠場しており、WECデビューはシリーズの天王山であるル・マン24時間となるが、そのデビュー戦を前にフランスのマニクール・サーキットで5時間に及ぶプライベートテストに参加。マシンの習熟に務めた。

テストはフランスのマニクール・サーキットで行われた
テストはフランスのマニクール・サーキットで行われた

 走行後、バトンは自身のInstagramを更新し、「笑いが止まらなかった」と走行の感想を明かしている。

「BR1の初テストは最高だった。テストが行われたのがマニクールだったこともうれしいよ。ここには多くの思い出があるからね」

「5時間に及ぶテストを経て、このモンスターマシンを手懐けることができた。もう少し改善するべきポイントは残っているけど、(チームメイトの)ビタリー(ペトロフ)とミカエル(アレシン)のおかげでいいスタートを切ることができた」

 SMPレーシングによれば、バトンは今回のテストで日中の走行だけでなく夜間走行も経験。また使用された車両はWEC第1戦スパでも使用されたル・マン仕様のローダウンフォースキットが装着されていたという。

 BRエンジニアリングの関係者は「マニクールでのジェンソンとのテストは満足のいくものだった」とコメントしている。

「彼はすぐにマシンに慣れて、ナイトセッションも含めてテストの時間を充分に使った。彼はロングランとショートランを複数回こなしたよ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

エプソン・ナカジマ・レーシング・レースクイーン/2018SGT
秋月清華(あきづきさやか)

Photo Ranking

フォトランキング