海外レース他ニュース

2016.09.29

33年の歴史に幕。ヨコハマ、F3マカオのタイヤサプライヤー外れる


33年に渡り、F3マカオグランプリにタイヤを供給してきたヨコハマタイヤがサプライヤーを離れることとなった。

 1983年から33年間に渡り、F3マカオグランプリにコントロールタイヤを供給してきたヨコハマタイヤが、同大会のタイヤサプライヤーを離れることとなった。

 この決定は28日、FIAが開催した世界モータースポーツ評議会(WMSC)で下されたもの。FIAはマカオグランプリへの関与を強めており、今月初めには長らくマカオグランプリを主導してきたバリー・ブランドが運営から離れていた。

 今年11月17~20日開催の同大会では、F1でタイヤサプライヤーを務めているピレリがタイヤを供給する。

 FIAは今回のタイヤ供給契約更新に際し、ヨコハマとピレリ、そしてヨーロッパF3でタイヤサプライヤーを務めるハンコックタイヤの3社と交渉を進めていたとみられ、最終的にヨコハマとピレリが契約を争う形となったようだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
泉えな(いずみえな)

Photo Ranking

フォトランキング