海外他ニュース

2016.03.25

スバル、富士で激しくクラッシュもニュル24時間挑戦継続


2016年仕様スバルWRX STI

 スバル/STIは25日、一時は参戦を危ぶまれた今シーズンのニュルブルクリンク24時間レースへ参戦することを改めて発表した。チームがニュル24時間へ投入するスバルWRX STIは先日行われたシェイクダウン中に激しいクラッシュを起こしている。

 22日、富士スピードウェイで行われたシェイクダウン中、山内英輝操るWRX STIはタイムアタック中、1コーナーで激しく単独クラッシュ。マシンはフロント部分とリヤが大破してしまったほか、ドライブしていた山内も右肩の痛みを訴え、メディカルセンターに搬送された。

富士スピードウェイでシェイクダウンされたスバルWRX STIだったが、激しくクラッシュしてしまった。
富士スピードウェイでシェイクダウンされたスバルWRX STIだったが、激しくクラッシュしてしまった。

 幸い、山内は右肩に軽い打撲を負ったものの骨折などの重傷は負わなかったものの、マシンのダメージは大きく、ニュル24時間本戦も残り2カ月と迫っていることから、一時は参戦を断念する選択肢も浮上したという。

 しかし、チームを率いる辰己英治総監督は「やはりこのクルマでニュルブルクリンク24時間レースを走り、応援していただけるであろう皆さんの前を駆け抜け、そして優勝を勝ち取りたいと考えました」として、挑戦を継続することを決定した。

「いざ参戦するとは決めたものの立ちはだかるハードルは高く、STI社員、チーム一同、そして協力企業の皆さんと力を合わせ、心を一つにして、ニュルブルクリンクでの2連覇をめざしますので、引き続きチームへの応援をお願いします」

 チームは今後、4月末までにマシンの修復とテスト走行を行った後、5月14日のニュルブルクリンク耐久レース(VLN)に参戦し最終調整を実施。5月26日のニュル24時間レースに望むという。 


おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

24日(Fri)

25日(Sat)

DTM 第7戦ノリスリンク

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第3戦ポールリカール(耐久)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第5戦 ノリスリンク

26日(Sun)

MotoGP第8戦 オランダGP

インディカー・シリーズ第10戦ロードアメリカ

WTCC 第7戦ビジャ・レアル(ポルトガル)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第5戦 ノリスリンク

DTM 第8戦ノリスリンク

第94回 パイクスピーク・ヒルクライム

27日(Mon)

28日(Tue)

29日(Wed)

30日(Thu)