海外レース他ニュース

2016.12.22

セナ&ハートレーがESMニッサン、コンウェイがキャデラック。デイトナにビッグネーム続々


 2017年1月28~29日に開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(WSCC)のメインイベント『デイトナ24時間』に、スタードライバー参戦が相次いでいる。

 先日、WEC世界耐久選手権でRGRスポーツbyモランドから新規参戦するレベリオン・レーシングへの移籍を発表したブルーノ・セナは、同じくWECでポルシェLMP1をドライブしたブレンドン・ハートレーとともに、エクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)のテキーラ・パトロン・リジェJS P217ニッサンをドライブすることが決定。デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)マシンと、2017年初投入となるニッサンVR38DETTの組み合わせでデイトナ24時間を戦う。

 また、WECでTOYOTA GAZOO Racingに所属するマイク・コンウェイも、アクション・エクスプレス・レーシングにジョイント。こちらも初登場となるキャデラックDPi-V.R.のステアリングを握る。

 ただし、セナは北米エンデュランス・カップ(NAEC)を構成する耐久レース4戦(デイトナ、セブリング、ワトキンスグレン、ロードアトランタ)のみの契約、ハートレーはデイトナ24時間のみのスポット契約とみられている。

WECではレベリオン、IMSAではESMに加入するブルーノ・セナ
WECではレベリオン、IMSAではESMに加入するブルーノ・セナ

ブレンドン・ハートレーはデイトナ24時間のみESMとジョイント
ブレンドン・ハートレーはデイトナ24時間のみESMとジョイント


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Team JLOC Marvelous Queen/2017SGT
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

16日(Thu)

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)