海外レース他ニュース

2016.12.22

セナ&ハートレーがESMニッサン、コンウェイがキャデラック。デイトナにビッグネーム続々


 2017年1月28~29日に開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権(WSCC)のメインイベント『デイトナ24時間』に、スタードライバー参戦が相次いでいる。

 先日、WEC世界耐久選手権でRGRスポーツbyモランドから新規参戦するレベリオン・レーシングへの移籍を発表したブルーノ・セナは、同じくWECでポルシェLMP1をドライブしたブレンドン・ハートレーとともに、エクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)のテキーラ・パトロン・リジェJS P217ニッサンをドライブすることが決定。デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)マシンと、2017年初投入となるニッサンVR38DETTの組み合わせでデイトナ24時間を戦う。

 また、WECでTOYOTA GAZOO Racingに所属するマイク・コンウェイも、アクション・エクスプレス・レーシングにジョイント。こちらも初登場となるキャデラックDPi-V.R.のステアリングを握る。

 ただし、セナは北米エンデュランス・カップ(NAEC)を構成する耐久レース4戦(デイトナ、セブリング、ワトキンスグレン、ロードアトランタ)のみの契約、ハートレーはデイトナ24時間のみのスポット契約とみられている。

WECではレベリオン、IMSAではESMに加入するブルーノ・セナ
WECではレベリオン、IMSAではESMに加入するブルーノ・セナ

ブレンドン・ハートレーはデイトナ24時間のみESMとジョイント
ブレンドン・ハートレーはデイトナ24時間のみESMとジョイント


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats/2018SGT
森美咲(もりみさき)

Photo Ranking

フォトランキング