海外レース他ニュース

2017.02.13

牧野任祐のヨーロピアンF3挑戦が正式決定。松下、福住も欧州で挑戦継続


 ホンダは2月13日、東京・青山のホンダウエルカムプラザで2017年のモータースポーツ体制発表会を開催し、若手ドライバーの発掘・育成を目的とした2017年のホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の体制を発表した。

 長年HFDPとしての活動を続けているホンダは、2017年に3人の若手ドライバーをヨーロッパに送りこむことになった。すでに2015年からGP2に参戦している松下信治は、今季もARTグランプリからGP2に継続参戦。また、GP3に参戦していた福住仁嶺も2年連続での挑戦を行うことになった。

 一方、新たにヨーロッパに挑むことになったのは、2016年に全日本F3に参戦するとともに、スーパーGT500クラスにもスポット参戦した牧野任祐だ。15年のFIA-F4でランキング2位を獲得し、その速さが大いに注目を集めている牧野は、大激戦のヨーロピアンF3に、16年ランキング2位のハイテックGPから参戦することになった。

 ヨーロッパに挑む牧野は発表会の場で「初めての挑戦ですが、精一杯がんばりたいと思います」と意気込みを語った。

 また、ヨーロッパに挑む3人のほかに、全日本F3に挑むドライバーも発表された。HFDPから挑むのは、昨年までのHFDP RACINGの2台、TODA RACINGの2台からそれぞれ1台ずつ減。TODA RACINGからは大津弘樹が、HFDP RACINGからは阪口晴南がそれぞれF3に挑む。

 激戦のFIA-F4には、2台が参戦することになった。FIA-F4には2年目の挑戦となる大湯都史樹、そしてヨーロッパで長年戦い、2016年にSRS-Formulaのスカラシップを獲得した笹原右京がFIA-F4に挑戦する。

 現在発売されているオートスポーツNo.1449でも掲載されているが、現在F1に参戦するために必要なスーパーライセンスのポイントでは、ホンダ所属のドライバーのなかで、牧野が最も多い11ポイントを得ている(3年間で40ポイントを貯めることが必要)。若きホンダドライバーたちは、F1ドライバーへの資格を得ることができるのか、大いに注目が集まる。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
森園れん(もりぞのれん)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)