ラリー/WRCニュース

2016.04.22

WRCアルゼンチン:オープニングのSS1はソルドとオジエが同タイム


ラリー/WRC | WRCアルゼンチン:オープニングのSS1はソルドとオジエが同タイム

 世界ラリー選手権(WRC)第4戦アルゼンチンは21日、コルドバの公道でSS1が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)とセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が同タイムを記録して、初日トップにつけた。

 前戦ラリー・メキシコから1カ月以上のインターバルを置いて開催される第4戦アルゼンチン。競技自体は未舗装路を走るグラベルイベントだが、現地木曜日のセレモニアルスタート後に行われた0.9マイル(約1.4キロ)のSS1は舗装路のターマックステージとして開催された。

ラリー・アルゼンチンのSS1を走るセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)
ラリー・アルゼンチンのSS1を走るセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)

 このステージでソルドとオジエの両名は、このステージで1分29秒0の同タイムを記録した。0.1秒差の総合3番手にはオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)がつけている。

 総合4番手、5番手にはソルドのチームメイト、ティエリー・ヌービルとヘイデン・パッドンがつけているほか、プライベーターのロレンツォ・ベルテリ(フォード・フィエスタRS WRC)が好走をみせ、総合6番手につけた。

 一方、オジエを除くフォルクスワーゲン勢は小さなミスがあり、アンドレアス・ミケルセンがトップと3.4秒差の総合11番手、ヤリ-マティ・ラトバラが3.8秒差の総合12番手だった。

 現地時間22日には、SS2~9の7SSが行われる。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング