ラリー/WRCニュース

2017.08.18

WRC:トミ・マキネン、フィンランドからエストニアへの本拠地移転報道を否定


フィンランド地元紙の報道を否定したトミ・マキネン

 WRC世界ラリー選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racing WRTのチーム代表を務めるトミ・マキネンは、チームの本拠地をフィンランドから移動させるとの報道を一部否定した。

 2017年からWRCに復帰参戦しているトヨタは、マキネンの地元であるフィンランド・プーポラに拠点を構えている。しかし、今週に入ってフィンランドの地元紙が、チームがエストニアに設けた新拠点への移動を計画していると報じられていた。

 エストニアはバルト海を挟んでフィンランドの対岸にあり、プーポラと比べると、輸送の面で有利な環境と言える。

 ラリー・ドイチェランドの現場で、マキネンはWRC.comに対し、「報道は100%正しくはない」と報道を一部否定した。

エストニアの拠点には、ホスピタリティなどの資材を置くという
エストニアの拠点には、ホスピタリティなどの資材を置くという

「エストニアにも拠点を準備していることは事実だ。しかし、それはホスピタリティブースの機材や輸送トラック、レッキに使うクルマなどの資材を(プーポラから)分割するためのものだ」

「確かにロジスティクス面でプーポラは不利な地理環境だ。ただ、ラリー・フィンランドで披露したパフォーマンスの要因は、プーポラという立地にあると思う」

「プーポラにいることでラリー・フィンランドやラリー・スウェーデンに向けては万全の体制を整えることができるんだ。ただ、私たちのプロジェクトは始動したばかりで、私たちの目標はすべてのラウンドで速さを発揮することにあるがね」


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング