ラリー/WRCニュース

2018.02.14

ラトバラ「クルマは昨年よりも確実に進化」/WRC第2戦スウェーデン事前コメント


ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)

 2月15~18日に行われる2018年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンに向け、参戦するドライバーたちが意気込みを語った。

 2018年シーズンのWRC2戦目となるラリー・スウェーデンは、スウェーデンとノルウェーを舞台に、辺り一面の雪景色のなかを駆けるシリーズ唯一のフルスノーイベントだ。

2017年のラリー・スウェーデンを制したヤリ-マティ・ラトバラ
2017年のラリー・スウェーデンを制したヤリ-マティ・ラトバラ

 固く凍った路面を捉えるため、参戦するマシンは1本あたり380本のタングステン製の鋲が打たれたスタッドタイヤを装着してラリーに臨む。このタイヤが路面に食らいつくことで、ラリー・スウェーデンはシリーズ屈指の高速イベントとなる。

 コース脇の雪だまりはコーナリング中にマシンを寄りかからせることで速度を上げることも可能だが、充分な強度がなければマシンの重さを受け止めきれず、スタックする要因にもなりかねない。ドライバーには路面コンディションだけでなく、コース脇にある雪だまりの状態も把握する能力が必要となる。

 車体には滑りやすい路面に対応するセッティングや、エンジンには厳寒地帯でも充分なパワーを引き出せるパフォーマンスが求められる。

 加えて、この時期の北欧は最低気温がマイナス25度まで低下することもあるため、サービスパークでマシンを整備するメカニックたちにも強いストレスがかかる1戦だ。

 競技は15日(木)の現地20時06分に行われるSS1で開幕する。このオープニングステージはスウェーデン・カールスタード近郊の競馬場を舞台に争われ、2台が同時に走行してタイムを競うスーパーSSとなっている。

 16日(金)はサービスパークのあるトルスビューや隣国ノルウェーを舞台にSS2~8の6SSが行われる。

ジャンピングスポットとして有名なコリンズ・クレスト
ジャンピングスポットとして有名なコリンズ・クレスト

 翌17日(土)はSS9~16の8SSで実施。なかでもSS11とSS14として争われるバルゴセンは、ジャンピングスポットとして有名なコリンズ・クレストがあるステージとなる。このコリンズ・クレストでは2016年には45メートルの大ジャンプが記録されており、この記録が更新されるかも見どころと言える。

 最終日の18日(日)はSS17~19の3SSの実施。最終ステージのSS19はこれまでと同じくステージ上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージだ。

 最上位クラスに参戦する4メーカーは全チームが3台体制で参戦。Mスポーツ・フォードはテーム・スニネンに、シトロエンはマッズ・オストベルグに3台目のWRカーを託す。

 ヒュンダイは第1戦モンテカルロに参戦したダニ・ソルドに代わり、若手ヘイデン・パッドンが合流。パッドンにとっては、これが2018年開幕戦となる。

 残るトヨタは、ヤリ-マティ・ラトバラ、オット・タナク、エサペッカ・ラッピの布陣に変更なし。第1戦モンテカルロから不動の体制で大会連覇に挑む。

Mスポーツ/ヒュンダイ陣営のコメントはこちら

シトロエン/トヨタ陣営のコメントはこちら



ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

STANCEMAGICエンジェルス/2018SGT
加藤ゆうり(かとうゆうり)

Photo Ranking

フォトランキング