ラリー/WRCニュース

2018.02.17

WRC:出走順と新雪に苦しめられたトヨタ。「こんな思いもしない展開は初めて」とマキネン


ステージの走行順に苦しめられたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)

 2月16日に行われたWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンの競技2日目に挑んだTOYOTA GAZOO Racing WRT。前日はワン・ツー体制を築いたトヨタ勢だったが、この日はコースの出走順に苦しめられ、大きくポジションを落とすことになった。

 シリーズ唯一のフルスノーイベントであるラリー・スウェーデン。競技2日目はスウェーデンと隣国ノルウェーを舞台に8SSが行われた

 現行のレギュレーションでは、現地金曜日の走行はドライバーズランキング順にコースを走行する。そのためランキング上位のドライバーはコース上の砂利や雪を取り除く“清掃役”を強いられる。

 このラリー・スウェーデンも例外ではなく、出走順の早いドライバーは除雪車のような役目を負うことに。現地では雪が降り続いたこともあり、ランキング上位のセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)をはじめ、オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)などは苦戦を強いられた。

 15日(木)のSS1で総合首位につけていたタナクは、SS2でステージ最速タイムを記録する活躍をみせたが、SS4以降はペースを上げられず。徐々に順位を落とす展開となり、総合9番手で走行を終えた。

ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)も走行順に苦しめられ後退
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)も走行順に苦しめられ後退

 また、前日総合2番手だったラトバラも新雪に苦しめられ、総合8番手だった。

 残るエサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)は出走順が7番手と比較的遅かったこともあり、上位へ進出。SS5終了時点ではトップと2.1秒差の総合2番手につけた。

 しかし迎えたSS6で、ジャンクションを曲がりきれず雪壁に衝突してしまう。このクラッシュでエアフィルターに雪が詰まってしまい、エンジンパワーが低下。このステージで約30秒のタイムロスがあり、総合7番手までポジションを落としている。

■「幅広のスノータイヤにより、昔よりタイムロスが大きい」とマキネン


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

モデリスタカスタマイズクイーン/2018SGT
岸谷知果(きしたにともか)

Photo Ranking

フォトランキング