ラリー/WRCニュース

2018.03.10

WRC:復帰戦のローブ、首位ヒュンダイに迫る2番手に。トヨタは2台がリタイア


ダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)

 WRC世界ラリー選手権第3戦は3月9日、デイ2のSS2~10が行われ、ダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)が総合首位に浮上。スポット参戦のセバスチャン・ローブ(シトロエンC3 WRC)が総合2番手に入り、同3番手にはオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が続いた。
 
 合計9本のステージで争われるデイ2は現地10時30分過ぎにWRCクラスの競技がスタート。まず速さをみせたのは前年のラリー・メキシコを制したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)で、SS2をトップで終え総合首位に浮上する。
 
 しかし、直後に行われた今大会最長31.44kmのSS3“エル・ショコラテ”では、ソルドが2番手に入ったエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)に11秒もの差をつけてこのステージを制して総合トップを奪取。続くSS4でもステージ優勝を果たし午前の走行を終えた時点で総合2番手につけるミークに対するリードを16秒6まで広げた。

 ソルドの後塵を拝することなったミークは、サービスを挟んで行われたSS6でトップタイムをマークしてトップとのギャップを約4秒縮めたものの、SS3の再送ステージとなるSS7でスピンを喫して総合3番手に後退。ローブを追いかける展開となったSS8でもふたたびスピンしたことでトップ3圏外から脱落している。

セバスチャン・ローブ(シトロエンC3 WRC)
セバスチャン・ローブ(シトロエンC3 WRC)
オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)
オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

モデリスタカスタマイズクイーン/2018SGT
岸谷知果(きしたにともか)

Photo Ranking

フォトランキング