ラリー/WRC ニュース

2018.09.17

WRCトルコ:豊田章男社長も祝福。トヨタ、今季4勝目を初の1-2で飾りメーカー選手権首位に浮上


ラリー/WRC | WRCトルコ:豊田章男社長も祝福。トヨタ、今季4勝目を初の1-2で飾りメーカー選手権首位に浮上

 WRC世界ラリー選手権第10戦トルコは9月16日、競技最終日のデイ4が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing WRTは前日のデイ3で総合首位に立ったオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が2018年シーズン4度目の優勝。また僚友のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位に入り、チーム初のワン・ツー・フィニッシュを飾っている。
 
 大きな石や岩が転がる非常に荒れたグラベル(未舗装路)コースを舞台に争われた第10戦ラリー・ターキー。2010年以来、8年ぶりに開催されたこのイベントでは、本格的なグラベルラリーのスタートとなったデイ2から、参戦する各メーカーのマシンにトラブルが続出し、3日目にはトップ3を走るライバルたちが次々に戦線を離脱する“サバイバル”の様相を呈した。
 
 そんななか、マシンに過度の負担をかけないクレバーな走りで徐々にポジションを上げ表彰台圏内、トップへと浮上したタナクは、同じように順位を上げてきた2番手のラトバラに13.1秒のリードを築いて競技最終日を迎える。
 
 SS14~17の4SS、34.98kmで争われるデイ4でも首位のタナクは終始安定した走りを披露。また、2番手につけるラトバラもチームへの貢献を考え、無理なペースアップを避けた走りに徹した。
 
 その結果、ステージタイム上位者にボーナスポイントが与えられる最終SS17で3番手タイムを記録したタナクが第8戦フィンランド、第9戦ドイツに続き3連勝を達成。今季4勝目を挙げた。
 
 同ステージを4番手で終えたラトバラは、最終的にタナクと22.3秒差の総合2位でラリーを完走し、2017年に発足したチームにとって初めてとなるワン・ツー・フィニッシュに貢献している。
 
 このワン・ツーによってトヨタは、ヒュンダイ、フォード、シトロエンと争うマニュファクチャラーズタイトルで43ポイントを加算。第10戦開始時にランキングトップに立っていたヒュンダイを逆転してランキング首位となった。

■トミ・マキネン代表「まったくミスを犯さなかったタナクとラトバラに感謝」

トミ・マキネン代表
トミ・マキネン代表
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)
今季4勝目を挙げたオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

Jms GARAGE GIRLS
那津あやこ(なつあやこ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング