ラリー/WRCニュース

2017.01.15

ダカール:”ミスター・ダカール”が2年連続、通算13回目の大会制覇


ラリー/WRC | ダカール:”ミスター・ダカール”が2年連続、通算13回目の大会制覇

 2017年のダカールラリーは14日、大会最終ステージとなるリオ・クアルト〜ブエノスアイレス間786kmのデイ12が行われ、ステファン・ペテランセル(プジョー3008DKR)が2年連続、通算13度目の大会制覇を達成した。

 競技最終日は64kmのスペシャルステージ(SS)が行われ、セバスチャン・ローブ(プジョー3008DKR)が今大会5度目のステージ制覇。そこから18秒差でペテランセルがフィニッシュした。

 この結果、二輪部門で6度、四輪部門でも6度ダカールを制している”ミスター・ダカール”ことペテランセルが、5分13秒の大量リードをもって優勝。昨年大会に続き、2年連続でダカール制覇を成し遂げた。

「大会スタート前は、まったく結果を予想できなかった」とペテランセル。

「年々、競争が激しくなってきていて、スタート前は7〜8人に優勝のチャンスがあると考えていたよ」

「ラリーが進むにつれ、人数が減っていき、最後はセバスチャン(・ローブ)との一騎打ちになっていた。彼はラリーの戦い方を熟知しているから、攻略するのは簡単ではなかった」

「勝負の鍵は昨日のデイ11だ。セバスチャンがミスするよう、とにかく全力でプッシュし続けた。その結果、彼はタイヤをパンクさせるミスを犯した。僕の運が良かったわけではないんだ」

「素晴らしいマシンを用意してくれたプジョーに感謝したい。僕たちがイコールコンディションで戦えるよう、チームオーダーなども出さなかったしね」

ダカール挑戦2年目で2位フィニッシュを達成したセバスチャン・ローブ(プジョー3008DKR)
ダカール挑戦2年目で2位フィニッシュを達成したセバスチャン・ローブ(プジョー3008DKR)

 総合2位はローブが獲得。ダカール挑戦2年目で初のポディウムフィニッシュを達成しているほか、総合3位にはシリル・デプレ(プジョー3008DKR)が続き、プジョー勢が表彰台を独占している。

 プジョー勢に続く総合4位はトヨタ・ハイラックスで挑んだホアン・ナニ・ロマ、総合5位もトヨタ勢のひとり、ジニール・ドゥビリエとなった。

 新型マシン、ミニ・ジョン・クーパー・ワークス・ラリーを投入したX-raid勢はオルランド・テラノバの総合6位が最上位。競技終盤まで上位争いに絡みながらも、トラック部門のマシンと接触して大きくポジションを落としていたミッコ・ヒルボネンは総合13位でのフィニッシュとなった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング