ラリー/WRCニュース

2017.03.14

WRC:メキシコ覇者ミークが波乱の最終SSを振り返る。「神に祈るような気持ちだった」


WRC第3戦メキシコを制したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)

 WRC世界ラリー選手権第3戦メキシコで優勝したクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)は、最終ステージでコースアウトした際、「神に祈るような」心境だったと語った。

 2017年のチャンピオン候補筆頭に挙げられながら、開幕2戦では不運が続き、思うようにポイントを獲得できていなかったミーク。

 迎えたラリー・メキシコでは序盤に総合首位に立つと、危なげない走りでリードを拡大。最終SS前には総合2番手のセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)に対し37.2秒ものギャップを築いてみせた。

WRC第3戦メキシコ クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)
WRC第3戦メキシコ クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)

 しかし、その最終SSに波乱が待ち受けていた。ミークが高速右コーナーへアプローチした際、マシンが大きくバウンド。コントロールを失ったマシンはアウト側の茂みに突入すると、その先にある観戦者用駐車場へ飛び出してしまった。

 ミークはコースへ復帰したものの、このアクシデントで20秒以上のタイムをロス。しかし、それまでに築いていたマージンに救われ、昨年の第8戦フィンランド以来となる総合優勝を果たし、チームに新型WRカーでの初勝利をもたらした。

 コースアウトの状況について、ミークは「大きなミスをしてしまった」と振り返る。

■スタッフのガッツポーズで勝利を実感


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
森園れん(もりぞのれん)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)