ル・マン/WECニュース

2016.04.18

イタリアで孤軍奮闘中。笠井崇志が今季イタリアGTにウラカンで参戦へ


ル・マン/WEC | イタリアで孤軍奮闘中。笠井崇志が今季イタリアGTにウラカンで参戦へ

 イタリアのモータースポーツ界でひとりステップアップしている笠井崇志が、2016年はイタリアのGTレースであるACIイタリアGTチャンピオンシップに参戦することになった。

 笠井は強豪トニーカートのワークスチームに所属し、CIK-FIA世界選手権で優勝を飾った経験ももつ。イタリアではFIA-F4やフェラーリ・ドライバーアカデミーを経験したが、2015年からはハコに転向。ポルシェカレラカップ イタリア(PCCI)に挑戦していた。

 そんな笠井だが、2016年に向けてPCCI時代も所属したアントネッリ・モータースポーツと契約し、イタリアGTにランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオで参戦することになった。

 イタリアGTには、GT3カーで争われるスーパーGT3、スーパーGTカップというふたつのクラスがあり、笠井が参加するのはカップカーで争われるスーパーGTカップ。フェラーリやポルシェといった他のカップカーも走るが、ウラカンが多数派だ。各ラウンド2レースが開催され、ドライバー交代もあり。笠井のチームメイトは、同様に期待の若手である18歳のマッテオ・デシデリになる予定だという。

 近年イタリアで活動する日本人ドライバーは減っているが、昨年はケイ・コッツォリーノらがランボルギーニのワークスチーム『スクアドラ・コルセ』と契約するなど、新たなルートもできはじめている。アントネッリ・モータースポーツはブランパンGTにも参戦しているチームだけに、笠井の今後の活躍に大いに期待したいところだ。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
泉えな(いずみえな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング