ル・マン/WECニュース

2017.05.28

ニュル24時間:29号車アウディに恵みの雨。最終ラップで逆転トップチェッカー


29号車アウディR8 LMS

 ドイツ・ニュルブルクリンクで開催されている『第45回ADACチューリッヒ・24時間レース(ニュルブルクリンク24時間レース)』は5月27〜28日、決勝レースが行われ、レース残り1時間30分を切ったところで一度はポジションを失ったアウディスポーツ・チーム・ランドのコナー・デ・フィリッピ/クリストファー・ミエス/マーカス・ビンケルホック/ケルビン・バン・デル・リンデ組29号車アウディR8 LMSが終盤の雨で逆転優勝を飾った。

 例年より高い気温27度、路面温度35度というコンディションで幕を上げた2017年のニュル24時間。2016年は雹が降るなど荒れた天候となったが、今年は好天のなかレースは推移していた。

 そんななか、前半からレースをリードした29号車アウディR8 LMSは大きなトラブルなく周回。レース残り2時間を切った時点でも総合首位の座を堅持していた。

 しかし、そこからわずか30分後、ルーティンのピットを終えた29号車アウディがグランプリコースで突如スローダウンして緊急ピットイン。

 チームクルーたちはマシンのリヤをチェックしてマシンを送り出したが、その間にアウディスポーツ・チームWRTの9号車アウディR8 LMS、ローヴェ・レーシングの98号車BMW M6 GT3に交わされ、総合3番手まで後退してしまう。

98号車BMW M6 GT3
98号車BMW M6 GT3

 この時点でトップ9号車アウディと98号車BMWは20秒前後、98号車BMWと29号車アウディは1分30秒前後のギャップとなり、レースはスプリントバトルの様相に。

98号車BMW M6 GT3
98号車BMW M6 GT3

 レース残り50分を切ったタイミングで、まずは98号車がルーティンのピットを行い、総合3番手でコースに復帰する。

 すると、レース残り30分を切ったところでコースの一部に決勝レースで初めての雨粒が落ち始める。降雨から約5分後にピットインした総合首位の9号車アウディはスリックタイヤのまま、コースへ。

29号車アウディR8 LMS
29号車アウディR8 LMS

 一方、総合3番手の29号車アウディはピット作業に時間がかかり、98号車BMWを交わせなかったこともありインターミディエイトタイヤに切り替えるギャンブルに出た。

 レース残り20分を切ると北コースを中心に雨は本降りとなり、トップの9号車アウディ、98号車BMWなど、スリックタイヤを履いているマシンはスロー走行を強いられる。

 一方、最後のピット作業でインターミディエイトを装着した29号車アウディはレーシングスピードで快走し、レース残り10分で98号車BMWをオーバーテイクして2番手に浮上した。

 そのまま29号車アウディがトップを追い詰めると、9号車アウディはインターミディエイトにタイヤを交換するべくピットイン。ファイナルラップで29号車アウディがトップに返り咲くと、意気消沈していたチーム・ランドのピットからは歓声が挙がる。

優勝した29号車アウディR8 LMSのドライバー
優勝した29号車アウディR8 LMSのドライバー
492″ /> 43号車BMW M6 GT3[/caption]

 総合2位はファイナルラップで9号車アウディを交わした98号車BMWが獲得。3位に9号車アウディ、4位にBMWチーム・シュニッツァーの42号車BMW M6 GT3が続いた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス/2017SGT
安田七奈(やすだなな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Tue)

16日(Wed)

17日(Thu)

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)