ル・マン/WECニュース

2017.11.02

WEC:マノーTRS、ジネッタ製LMP1カーでスーパーシーズン参戦。参戦台数は明言せず


マノーTRSレーシングのジネッタLMP1イメージ

 CEFCマノーTRSレーシングとイギリスの老舗コンストラクター、ジネッタは11月1日、中国・上海でプレスカンファレンスを実施し、マノーがジネッタ製新型LMP1マシンを用いて2018/19年のWEC世界耐久選手権に参戦すると発表した。

 2016年にWECのLMP2クラスに新規参入したマノーは今年1月、プライベーター向けLMP1マシンを製造すると発表していたジネッタとパートナーシップを結び、2018年以降のLMP1参戦を目指す計画があると明言していた。

 そんななかで行われれた今回の参戦発表ではドライバーラインアップ等、チーム体制の詳細は明らかにされず。リソースを集中させ1台体制とするのか、2015~2016年のLMP2での活動と同様に2台体制を維持するのか、LMP1とLMP2に1台ずつという体制になるのかは現在のところ不明だ。

 また、ジネッタはフランスのメカクロームより、3.4リッターV6ターボエンジンの供給を受ける契約を結んでいるが、マノーはエンジンパートナーについても今後発表するとしている。

2016年からWECに参戦するマノーは今シーズン、CEFCマノーTRSレーシングとして24号車と25号車の2台体制でLMP2クラスに挑んでいる。
2016年からWECに参戦するマノーは今シーズン、CEFCマノーTRSレーシングとして24号車と25号車の2台体制でLMP2クラスに挑んでいる。

 マノーの発表によって来シーズンのLMP1クラスは、10月31日にELMSからステップアップするとアナウンスしたドラゴンスピードとマノーの2チームがエントリーすることが確定。

 ロシアのBRエンジニアリングとともに独自の新型LMP1マシンを製作中のSMPレーシングもまた新規参戦を目指しているほか、2017年シーズン途中まで唯一のLMP1プライベーターチームとしてWECに参戦していたバイコレスも復帰参戦するものと考えられている。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models/2017SF
宮本あかり(みやもとあかり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)

24日(Fri)