ル・マン/WECニュース

2017.11.04

WEC上海:可夢偉驚速! 好調7号車トヨタがレコード更新&逆転ポール奪取


走行初日から好調を維持する7号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得

 WEC世界耐久選手権は11月4日、第8戦上海の公式予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)がポールポジションを獲得した。

 気温14度、路面温度16度。穏やかな秋晴れのなか定刻通り開始されたLMPの公式予選はまず、真っ先にコースインしたポルシェ勢がアタックを行い、2号車ポルシェ919ハイブリッドを駆るブレンドン・ハートレーが1分43秒312をマーク。これを1号車ポルシェのニック・タンディが1分42秒966で上回っていく。
 
 コースインを1~2分ほど遅らせたトヨタは、マイク・コンウェイ駆る7号車トヨタTS050ハイブリッドがポルシェ勢の間に割り込むが、連続アタックを実施したハートレーがタイムを上げ、ポルシェがワン・ツー体制を築く。
 
 しかし、ドライバー交代後の後半戦では状況が一変。コンウェイから代わった7号車トヨタの可夢偉が1分42秒526という従来のコースレコードを破るスーパーラップを披露してドライバー2名の平均ラップを1分42秒台に入れてみせる。
 
 トップを奪われた1号車ポルシェは、アンドレ・ロッテラーのアタックラップが1分43秒579と可夢偉より1秒以上遅いタイムとなりアベレージタイムを伸ばせず。
 
 また、僚友の2号車ポルシェもハーフスピンでタイヤを痛めたことが影響してかタイムを伸ばすことができず、セバスチャン・ブエミからアンソニー・デビッドソンに代わった8号車トヨタに先行を許してしまう。
 
 この結果、第8戦の予選は7号車トヨタが逆転でポールポジションを獲得。2番手に1号車ポルシェ、3番手8号車トヨタ、4番手に2号車ポルシェというオーダーになった。

2番手からスタートする1号車ポルシェ919ハイブリッド
2番手からスタートする1号車ポルシェ919ハイブリッド
8号車トヨタTS050ハイブリッド
8号車トヨタTS050ハイブリッド
95号車アストンマーチン ・バンテージがLM-GTEプロクラスのポールポジションを獲得
95号車アストンマーチン
・バンテージがLM-GTEプロクラスのポールポジションを獲得


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models/2017SF
宮本あかり(みやもとあかり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)