ル・マン/WECニュース

2017.11.04

WEC:7号車トヨタが2017年シーズン4度目のポール獲得。可夢偉「完璧なアタックではなかった」


第8戦上海のポールポジションを獲得した小林可夢偉(左)、ホセ-マリア・ロペス(中央)、マイク・コンウェイ(右)

 11月4日、WEC世界耐久選手権第8戦上海の公式予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingは7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が2017年シーズン4回目のポールポジションを獲得した。僚友の8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/アンソニー・デビッドソン)は総合3番手につけている。