ル・マン/WECニュース

2017.11.05

WEC:8号車トヨタ、ライバルを圧倒する走りで2連勝。2位入賞のポルシェが戴冠確定


2017年のドライバーズタイトルを獲得した2号車ポルシェ919ハイブリッド

 WEC世界耐久選手権第8戦上海は11月5日、6時間の決勝レースが行われ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/アンソニー・デビッドソン)が総合優勝を飾った。総合2位につけた2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)が最終戦バーレーンを残して2017年のドライバーズタイトルを確定させている。

 全9戦で争われる2017年のWEC第8戦目。戦いの舞台となる上海国際サーキットは、大きく回り込むコーナーが複数存在することからタイヤに厳しいコースとして知られる。
 
 そんな上海で4日(土)に行われた予選では、走行初日のフリープラクティス1回目からすべてのセッションでトップタイムを記録している7号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得。迎えた5日(日)の決勝は映画俳優、ジャッキー・チェン氏によるグリーンフラッグの合図でフォーメーションラップが開始された。
 
 スタート直後、バンバーがドライブする2号車ポルシェが8号車トヨタのブエミを交わして3番手に浮上するも、およそ4分後にブエミが再逆転に成功する。グリッド順位に戻したブエミはスタートから22分、ニック・タンディ駆る2番手の1号車ポルシェも交わし、トヨタがレース序盤にワン・ツーを築いていく。
 
 しかし、わずか5分後、トップを走る7号車トヨタのホセ-マリア・ロペスがG-ドライブ・レーシングの26号車オレカ07・ギブソンと接触、スピンを喫して3番手に後退すると、8号車トヨタが新たなラップリーダーとなった。
 
 スタートから30分を過ぎた頃、7号車トヨタの猛追を受けていた2番手の1号車ポルシェが電気系トラブルによりスローダウン。順位を4番手に落とすとともに、1分以上のタイムを失うこととなってしまった。
 
 8号車と7号車がふたたびワン・ツー体制を築いたトヨタはその後快走を披露。エンジントラブルにより1コーナーの奥でマシンを止めた92号車ポルシェ911 RSRを撤去するために導入された5分間のフルコースイエローを挟んだレース序盤、LMP2やLM-GTEアマクラスの接触が相次いだレース中盤へと展開が移っていくなかでも、ピットストラテジーの差で度々順位を入れ替えながら2台揃って安定したペースを重ね、3、4番手に後退したポルシェ勢を徐々に引き離していく。

8号車トヨタTS050ハイブリッド
電気系トラブルで遅れを取った1号車ポルシェ919ハイブリッド
電気系トラブルで遅れを取った1号車ポルシェ919ハイブリッド


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Carrozzeria/TAS2018
丸山帆成美(まるやまほなみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

16日(Tue)

ダカールラリー

17日(Wed)

ダカールラリー

18日(Thu)

ダカールラリー

19日(Fri)

ダカールラリー

20日(Sat)

ダカールラリー

21日(Sun)

22日(Mon)