ル・マン/WECニュース

2017.11.18

WEC:ロシア初のLMP1。BRエンジニアリング、ダラーラと共同開発した『BR1』初公開


ロシアのBRエンジニアリングとイタリアのダラーラが共同開発したLMP1マシン『BR1』

 2018/19年のWEC世界耐久選手権にLMP1プライベーターとして参戦するSMPレーシングとパートナシップを結ぶBRエンジニアリングは11月17日、WEC第9戦が行われているバーレーン・インターナショナル・サーキットのパドックで新型LMP1マシン『BR1』を初公開した。
 
 ロシアに本拠を置くBRエンジニアリングは1年前の2016年11月、イタリアの名門コンストラクターで2017年に新型LMP2カー『P217』をリリースしたダラーラと提携。

 その後、両社の共同作業によってノンハイブリッドLMP1マシンの開発が進められ、迎えた17日、多くのWEC関係者が見守るなかでロシア初のLMP1カー『BR1』がお披露目された。

アンベイルされる『BR1』
アンベイルされる『BR1』
バーレーンで初公開された『BR1』
バーレーンで初公開された『BR1』

 
 ビタリー・ペトロフ、ミカエル・アレシン、セルゲイ・シロトキンらがSMPレーシングのキリル・ラディジン、ビクター・シャイタルとともにテストを完了させている新型マシンは、すでにFIA国際自動車連盟のホモロゲーション登録を終えているという。

 2018/19年のWECに参戦することを発表しているSMPレーシングは、ARTグランプリのオペレーション下で2台のBR1をトップカテゴリーに送り込むことをアナウンス。現時点でドライバーラインアップは公表されていないが、ふたりのロシア人ドライバーが後日発表される予定だ。

バーレーンで初公開された『BR1』
バーレーンで初公開された『BR1』