ル・マン/WECニュース

2017.12.19

WEC:トヨタ、2018/19年“スーパーシーズン”参戦を正式発表。体制は2018年早々に


2017年のWEC世界耐久選手権を戦ったTOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッド

 TOYOTA GAZOO Racingは12月19日、2018/19年のWEC世界耐久選手権“スーパーシーズン”への継続参戦を正式に発表した。ただし、ドライバーラインアップなどの参戦体制の詳細は2018年早々に発表するとしている。

 耐久レースの世界選手権であるWECに、2012年の第3戦から参戦しているトヨタ。2014年には日本メーカーとして初めてWECダブルタイトルを獲得している。ポルシェとの直接対決ラストイヤーとなった2017年シーズンは通算5勝を挙げ、最終戦までシリーズチャンピオンを争い、ランキング2位を手にした。

2016年のル・マン24時間、チェッカーまで残り5分でマシントラブルに襲われたトヨタ
2016年のル・マン24時間、チェッカーまで残り5分でマシントラブルに襲われたトヨタ

 しかし、シリーズの天王山に位置づけられるル・マン24時間での総合優勝には、これまで手が届いていない。もっとも総合優勝に近づき、そして歴史的惜敗となったのが2016年のル・マンだ。

 中嶋一貴がドライブする5号車トヨタTS050ハイブリッドがトップを走行中、チェッカーまで残り5分のところでトラブルからマシンを止めた姿は、日本のみならず、世界のモータースポーツファンの記憶にも新しいところだ。

 2017年シーズンは開幕2連勝を飾り、ル・マンには3台のマシンを投入するなど、悲願の初優勝へ万全の体制を構築し、決勝でも序盤から首位を快走したが、3台全車にマシントラブルが発生し、2台がレース折り返しを待たずにリタイア。

 残る1台は一時、総合54番手までポジションを落としたものの、最終的に8位でチェッカーを受けた。

 2018年5月に開幕する新シーズンは、2019年6月のル・マン24時間を最終戦として、1年以上に渡る“スーパーシーズン”として開催。また、これまでハイブリッドシステム搭載車と非搭載車が混走してきた最上位クラスのLMP1クラスは、規則が変更され、ひとつのクラスとして扱うことが決定されている。

 そんなスーパーシーズンに向けて、トヨタは「WEC参戦は、先端ハイブリッド技術並びにEVシステムの開発を進めるうえで大変有益であり、引き続き重要なプロジェクト」であるとして、継続参戦を表明した。

 なお、参戦車両や台数、ドライバー布陣などの詳細は2018年早々に、改めて発表される。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

SYNTIUM CoolTech ANELA/2018SGT
愛川アヤノ(あいかわあやの)

Photo Ranking

フォトランキング