ル・マン/WECニュース

2016.06.16

マツダ・プロトタイプ、ル・マン24時間制覇25周年を祝いチャージカラーを施す


伝統のチャージカラーに彩られたマツダ・プロトタイプ55号車と、ソウルレッドの70号車

 いよいよ今週末の6月18〜19日、フランスのサルト・サーキットでル・マン24時間耐久レースが行われるが、25年前の1991年、日本の自動車メーカーとして初めてル・マンを制したのがマツダだった。

 現在日本のマツダではトップカテゴリーでのモータースポーツ活動を行っていないが、マツダ・ノースアメリカは北米のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップで2台のマツダ・プロトタイプを走らせており、6月4日のデトロイト戦では表彰台を獲得している。

 そんな2台のマツダ・プロトタイプは、現在のマツダ車ではおなじみのソウルレッドのカラーリングを纏っているが、15日、マツダ・ノースアメリカはそのうちの1台である55号車に、ル・マン24時間優勝25年を祝うカラーリングを施した画像を公開した。

 1991年、フォルカー・バイドラー/ジョニー・ハーバート/ベルトラン・ガショーという3人がドライブした55号車マツダ787Bは、ジャガーXJR-12勢との戦いを制し、日本車として初めてのル・マン制覇を成し遂げたが、この際55号車に彩られていたのが、レナウンのブランド『チャージ』のグリーンとオレンジのカラーリングだ。今もその美しいロータリーサウンドの記憶とともに、世界中で愛されているカラーだ。

1991年ル・マン24時間でのマツダ787B
1991年ル・マン24時間でのマツダ787B


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ/2017SGT
鈴菜(すずな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)