ル・マン/WECニュース

2018.03.12

WEC:4月6~7開催のWEC“プロローグ”にトヨタ含め35台参加。30時間の連続走行セッション実施


2018年4月6~7日に行われるWEC公式テスト“プロローグ”の暫定エントリーが発表された

 4月6~7日にフランスのポールリカールで行われるWEC世界耐久選手権のプレシーズンテスト“プロローグ”の暫定エントリーリストが発表された。

 2018年5月のスパ・フランコルシャン6時間から2019年6月のル・マン24時間までの“スーパーシーズン”として争われる2018/19年のWEC。その公式テスト“プロローグ”は昨年、イタリア・モンツァを舞台に行われたが、今年はふたたびポールリカールで開催される。

 そんなWECスーパーシーズンのプロローグには、全4クラス合計で35台が名を連ねた。なお、今年のプロローグでは現地金曜日10時から翌土曜日16時までの30時間に及ぶ走行セッションが設けられており、35台中13台はセッションをフルに使っての走行が許されている。

■最上位LMP1はワークスのトヨタとプライベーターが初顔合わせ

 最上位クラスのLMP1はTOYOTA GAZOO Racingのほか、レベリオン・レーシング、バイコレス・レーシング・チーム、CEFC TRSMレーシング、ドラゴンスピード、SMPレーシングの6チーム9台が参加。このテストはワークスであるトヨタとプライベーターの残り5チームが顔をそろえる初めての場だ。

 クラス唯一のワークスチームとなるトヨタは2台のトヨタTS050ハイブリッドを投入。7号車はマイク・コンウェイ、ホセ-マリア・ロペスのレギュラードライバーに加え、アレキサンダー・ブルツとリザーブドライバーのアンソニー・デビッドソンが乗り込む。

 8号車はセバスチャン・ブエミとマイク・コンウェイがドライブする一方、レギュラーとしてシーズンを戦う小林可夢偉と中嶋一貴、フェルナンド・アロンソはプロローグには参加しない予定。

 レベリオンのLMP1マシン『レベリオンR13・ギブソン』は1台のみの参加。アンドレ・ロッテラー、ニール・ジャニ、ブルーノ・セナ、マティアス・ベッシェの4名が乗り込む。そのほかマノーTRSレーシングから改称したCEFE TSRMとSMPは2台のマシンでテストに参加。バイコレス、ドラゴンスピードは1台ずつの参加となる。

 LMP1で30時間をフルに使えるのはレベリオン、バイコレス、トヨタ7号車、SMPレーシングの2台だ。

 LMP2クラスは7チームが参加を予定。TDSレーシングノ28号車オレカ07・ギブソンにはロイック・デュバルが、ドラゴンスピードの31号車オレカ07・ギブソンには元F1ドライバーのエステバン・グティエレスが乗り込む。

■ワークスひしめくLM-GTEプロは最多10台が参加。BMW、アストンマーチン、フェラーリの新車が登場


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

フォーラムエンジニアリングギャル/2018SGT
吉美あや(よしみあや)

Photo Ranking

フォトランキング