ル・マン/WECニュース

2018.05.06

WEC:トヨタ、ル・マン前哨戦で1-2フィニッシュ。アロンソがデビューウイン飾る


開幕戦スパで総合優勝を飾った8号車トヨタTS050ハイブリッド

 2018/19年WEC世界耐久選手権開幕戦の決勝レースが5月5日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われ、6時間レースをTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が制した。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2位を獲得。総合3位にはレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソンが入っている。

 スタートからトップ快走する8号車トヨタとは対照的に、全車から1周遅れのピットレーンスタートとなった7号車トヨタ。
 
 苦しい立ち上がりとなった7号車トヨタだったが、スタート直後と1時間後のフォードGTのクラッシュによって導入された2回のセーフティカーランの助けも借りながらレース開始から1時間40分後にトップと同一周回に復帰。レース折り返し直前には、小林可夢偉の3スティント連続走行などの奮闘もあり、レベリオン・レーシングらのLMP1プライベーター勢を攻略して総合2番手に浮上する。
 
 その後、ブエミ、アロンソ、一貴とバトンをつなぎながら首位を走る8号車トヨタにイレギュラーのピットストップや一貴の単独スピンなど、小規模のタイムロスがあったものの、2台のトヨタTS050ハイブリッドは55~60秒のギャップを維持しながら約2時間に渡って走行を重ねていく。
 
 しかし、チェッカーまで残り1時間を迎えようかというタイミングで、直前まで3号車レベリオンR13・ギブソンと総合3番手を争っていたSMPレーシング、17号車BRエンジニアリングBR1・AERのマテボス・イサキャーンがオー・ルージュの出口付近でクラッシュ。この日3回目のSCが入る。
 
 これによりトップを走る8号車トヨタと2番手につける7号車トヨタの差は事実上消滅。チェッカーまで残り約45分でレースがリスタートされると8号車トヨタを駆る“ルーキー”アロンソの背後に7号車トヨタのコンウェイがピタリとつける形に。
 
 しかし、トヨタは2台を争わせることはさせず。両車はマージンを保ったままファイナルラップを迎え、トヨタが2年に渡るロングシーズンのオープニングレースでワン・ツー・フィニッシュを飾った。8号車トヨタは昨年の富士ラウンドから4連勝。アロンソにとってはWEC参戦初戦での初優勝となった。
 
 プライベーター勢最上位となる総合3位は、アンドレ・ロッテラーらを擁す1号車レベリオンR13・ギブソンが獲得。僚友3号車レベリオンR13・ギブソンがこれに続く総合4位に入っている。レベリオン勢はトヨタから2ラップスダウンとなったが、LMP1プライベーターとしては前評判どおりの実力を示したといえるだろう。
 
 総合5位はバイコレス・レーシング・チームの4号車ENSO CLM P1/01・ニスモ、同6位はSMPレーシングの11号車BRエンジニアリングBR1・AERとなり、それぞれトップから5周遅れでチェッカーを受けている。

※車検後、3位の1号車レベリオンのスキッドブロックが規定数値以下だっとして同車は失格処分に。3号車レベリオンが3位、バイコレスが4位、SMPの11号車が5位とそれぞれ順位が繰り上がっている。

1周遅れから2位まで順位を挽回した7号車トヨタTS050ハイブリッド
1周遅れから2位まで順位を挽回した7号車トヨタTS050ハイブリッド
トヨタ勢に次ぐ3位となったレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン
トヨタ勢に次ぐ3位となったレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン
4号車ENSO CLM P1/01・ニスモと11号車BRエンジニアリングBR1・AER
4号車ENSO CLM P1/01・ニスモと11号車BRエンジニアリングBR1・AER
LMP2クラスを制したGドライブ・レーシングの26号車オレカ07・ギブソン
LMP2クラスを制したGドライブ・レーシングの26号車オレカ07・ギブソン
レース序盤、抜群の速さをみせたレーシングチーム・ネダーランドの29号車ダラーラP217・ギブソン
レース序盤、抜群の速さをみせたレーシングチーム・ネダーランドの29号車ダラーラP217・ギブソン
総合優勝を飾った8号車トヨタTS050ハイブリッド
総合優勝を飾った8号車トヨタTS050ハイブリッド


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

WAKO'S GIRL/2018SGT
神尾美月(かみおみづき)

Photo Ranking

フォトランキング