ル・マン/WECニュース

2018.06.21

ル・マン24時間でワン・ツー飾った一貴&可夢偉が凱旋。「初めてル・マン直後に風邪をひいた」


報告会に登場した中嶋一貴と小林可夢偉

 TOYOTA GAZOO Racingは6月21日、東京都内で第86回ル・マン24時間のメディア報告会を開催。総合優勝を飾った8号車トヨタTS050ハイブリッドの中嶋一貴、総合2位を獲得した7号車トヨタTS050ハイブリッドの小林可夢偉が登場し、24時間の激闘をふり返った。

 6月16~17日に行われた第86回ル・マン24時間に参戦し、通算20回目のル・マン挑戦で悲願の初優勝を遂げたトヨタ。日本メーカーがル・マンを制覇するのは1991年のマツダ以来、また日本車に日本人ドライバーが乗り込んでの勝利は史上初の快挙だ。

 戦いを終えて、日本へ帰国した一貴は「相変わらず抜け殻のよう。本当にホッとしたという気持ちのほうが強い」と現在の心境を明かす。

「僕自身がWEC(世界耐久選手権)、ル・マンに挑戦するようになって今年で7回目。(これまで)たくさんのことがありましたし、悔しい気持ちや厳しい経験をたくさんしてきました。やっとそれを勝利という形で乗り越えられました」

「トヨタとしても初挑戦から30年以上経っていて、今年が20回目の挑戦でした。今までたくさんの人がル・マンのプロジェクトに関わってこられて、今のスタッフもそうですし、過去に関わっていた方たちとも喜びを分かち合って、本当に大きな目標を達成できたと実感しました」

 一貴が乗り込む8号車トヨタに続く総合2位でチェッカーを受け、トヨタにル・マンでのワン・ツーフィニッシュをもたらした7号車トヨタの可夢偉は「レースを終えて日本に帰ってきたら風邪をひいた」とコメントした。

トヨタのル・マン24時間優勝メディア報告会に出席した中嶋一貴
トヨタのル・マン24時間優勝メディア報告会に出席した中嶋一貴

「シーズンを終えてプレッシャーから解放されると、だいたい風邪をひいたりするんですけど、初めてル・マンを終えてすぐに風邪をひきました。みなさんが体調を崩す時を想像してもらえば、相当なプレッシャーを抱えながら24時間を戦っていたことがわかると思います」

「レースは非常に長くて厳しいものでした。見ている側からは楽に見えたかもしれませんが、走っている身としてプレッシャーは大きかった。そんな状況のなかレースを戦うのは楽しい反面、楽しんでいいのかという考えが行ったり来たりしてましたね」

■完走へ向けたチームの意識変化。「縁石に乗るとすぐ怒られる」

 


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

D-LOVEits/2018D1GP
NRK the Hedgehog(のりこざへっじほっぐ)

Photo Ranking

フォトランキング