ル・マン/WECニュース

2018.09.30

WEC富士:自動車メーカーがしのぎを削る世界選手権ならでは! 豪華ピット設備を目撃せよ


 2018年も静岡県・富士スピードウェイで開催されるWEC世界耐久選手権の日本ラウンド『WEC富士』。10月12~14日という日程で行なわれる今季もまた、ル・マンを頂点に世界各国を転戦する世界最高峰のレーシングチームが集結する。ここではそんな海外チームの“ピット”に焦点を当てる。

 2017年から2018年にまたがる“スーパーシーズン”の第4戦として行なわれるWEC富士には都合23チーム(合計34台)が参加する予定となっているが、この中のLM-GTEプロクラスは欧米の自動車メーカーワークス、または準ワークスチームが派遣されており、そのバトルの激しさはシリーズ随一と言えるほどだ。

 そんなGTEプロクラスに参戦する5メーカーの各チームは、いわば各社の“ブランド”を背負って立つ存在。彼らはコース内での競争もさることながら、国際映像やサーキットを訪れたファンの目に留まるピットスペースにも気を使っている。

 そこで今回はル・マン24時間の舞台、フランスはサルト・サーキットでみられた各メーカーチームのピットを一挙にご紹介しよう。

■アストンマーチン・レーシング

アストンマーチン・バンテージAMR(95号車&97号車)

 まずは現行シリーズの発足当時、2012年から参戦を続けるアストンマーチン・レーシング(AMR)だ。

 創業100周年を超える歴史を持つイギリスのプレミアムブランドは、そのレーシング部門もまさに優雅。清涼感溢れるピットは白を基調としており、ドライバーが使用するヘルメットは間接照明を用いた専用の置き場に、まるでショーケースのバッグのように置かれている。

白と基調とするピットには今季から投入された新型バンテージAMRのカラーも随所に取り入れられた
まるでショーケースのようなヘルメットスペース。国際映像でも度々見かけるため、気になっていた方も多いのでは
バックヤードには予備のカウルやパーツが整然と並ぶ

■AFコルセ(フェラーリ)

フェラーリ488 GTE Evo(51号車&71号車)

 アストンマーチンと同じく初年度から参戦するAFコルセはフェラーリの準ワークスチーム。そのピットはフェラーリらしく真っ赤に染め上げられているが、他チームの“ワークスらしい”きっちりとしたイメージよりも、やや落ち着ついた雰囲気になっている印象だ。

AFコルセのピットはマシンカラーに合わせて赤一色に。ひと目でフェラーリのチームであることがわかる
ピットガレージの中にはVIPスペースが用意され、招待客はここからピットの様子を一望できる
ル・マンでは一部鏡面仕上げの巨大ホスピタリティスペースを展開。内部では美味しいイタリアンが振る舞われたそう