ル・マン/WEC ニュース

2019.03.15

アロンソ&中嶋一貴の8号車トヨタがチーム内対決を制しポール獲得/WEC第6戦セブリング予選


ル・マン/WEC | アロンソ&中嶋一貴の8号車トヨタがチーム内対決を制しポール獲得/WEC第6戦セブリング予選

 WEC世界耐久選手権は3月14日、“スーパーシーズン”第6戦セブリング1000マイルの公式予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組8号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得。小林可夢偉らの7号車トヨタが総合2番手につけ、トヨタが今季4回目の予選ワン・ツーを記録している。

 伝統のセブリング12時間を開催するIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権との併催イベントとなった今戦の公式予選は、すっかり夜が更けた現地21時30分にLM-GTEクラスからスタートした。最高峰LMP1クラスを含むLMPクラス予選は22時開始の予定だったが、GTE予選中に赤旗が提示されたことで約10分ディレイ。22時12分から行われることとなった。
 
 気温23度、路面温度30度というコンディションのなかで始まったポールポジションをめぐる争いはまず、レベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソンを駆るトーマス・ローランが1分42秒746を記録しタイムシートの最上段につける。
 
 これを遅れてコースインした8号車トヨタのアロンソが1分40秒124という驚速タイムで逆転。マイク・コンウェイの7号車トヨタが1分41秒082で続いていく。LMP1プライベーター勢がふたりめのドライバーに交代していくなか、トヨタの2台はクールダウンラップを経て2度めのアタックを敢行し、2番手につけるコンウェイが自己ベストを100分の2秒更新した。一方のアロンソはトラフィックに引っかかったか、大きくタイムをロス。ベスト更新とはならなかった。
 
 セッション残り7分を切って、ようやくピットインしたトヨタ勢。予選後半戦を任されたドライバーのひとりである一貴は、アロンソの新レコードタイムに次ぐ1分40秒513をマークしてアベレージタイムを1分40秒318とする。
 
 これに対し、コンウェイから代わったロペスはコースオフを喫するなど、なかなかタイムを伸ばせず。一時は5番手まで順位を下げた7号車だったが、最後はセッション終了ギリギリのタイミングで1分40秒544で記録し、平均タイムを1分40秒803でまとめて総合2番手に返り咲いている。
 
 総合3番手はセッション終盤に3号車レベリオンを逆転したSMPレーシングの17号車BRエンジニアリングBR1・AERが入った。タイムは1分42秒730で、4番手となった3号車とは0.163秒差だ。5番手はジェンソン・バトンの代役としてブレンドン・ハートレーが加わったSMPの17号車BR1、6番手にレベリオン1号車が続き、ドラゴンスピードの10号車BRエンジニアリングBR1・ギブソンがクラス最後尾の7番手となった。

■“ミッドシップ”ポルシェが2クラスでポール獲得

TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッドは決勝に総合2番手から臨む
TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッドは決勝に総合2番手から臨む
ドラゴンスピードの10号車BRエンジニアリングBR1・ギブソン
ドラゴンスピードの10号車BRエンジニアリングBR1・ギブソン
ジャッキー・チェン・DCレーシングの38号車オレカ07・ギブソン
ジャッキー・チェン・DCレーシングの38号車オレカ07・ギブソン
LMP2クラスポールを獲得したジャッキー・チェン・DCレーシングの(左から)ガブリエル・オブリ、ステファン・リケルミ、ホー・ピン・タン
LMP2クラスポールを獲得したジャッキー・チェン・DCレーシングの(左から)ガブリエル・オブリ、ステファン・リケルミ、ホー・ピン・タン
SMPレーシングの11号車BRエンジニアリングBR1・AER
SMPレーシングの11号車BRエンジニアリングBR1・AER
レベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソン
レベリオン・レーシングの3号車レベリオンR13・ギブソン
シグナテック・アルピーヌ・マットムートの36号車アルピーヌA470・ギブソン
シグナテック・アルピーヌ・マットムートの36号車アルピーヌA470・ギブソン


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
青山明日香(あおやまあすか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング