スポーツカーニュース

2016.03.26

WEC合同テスト、ポルシェがコンマ8秒差をつけトップ発進


2016年3月25日 FIA WECプロローグ ポルシェ919ハイブリッド2号車

 25日、南仏のポールリカールでFIA 世界耐久選手権(WEC)の公式テスト「Prologue」が行われ、王者ポルシェ919ハイブリッドが初日の総合トップタイムをマークした。

 WECのシーズン開幕を告げる「Prologue」は、今年のシリーズに参戦する多くのチームが参加。最高峰のLMP1-Hに参戦する3メーカーも、大きくマシンを変更したトヨタのTS050ハイブリッドをはじめ、ライバルのアウディ、そしてディフェンディングチャンピオンのポルシェが一台ずつを持ち込み、10時間におよぶセッションをおよそ3週間後に迫った開幕に向けて本格的な走行を行った。

 王者ポルシェは、昨年ダブルタイトルを獲得したチャンピオンマシンをさらに進化させた919ハイブリッドでさっそく速さを発揮。朝のセッションでニール・ジャニがトップにつけると、続く午後もロマン・デュマが1分37秒960でタイムシートの最上位をキープ。さらにその後のナイトセッションでは、再びステアリングを握ったジャニが昨年のベストタイム(1秒37秒220)にコンマ3秒と迫る1分37秒487をマークし、貫禄のトップにつけた。

 注目のトヨタは2番手。朝からライバルとは異なるロードラッグ仕様のTS050を走らせたトヨタは、セカンドセッションの途中から中嶋一貴もドライブ。ロードラッグ仕様を試した一貴はナイトセッションでもステリングを握ると、最終スティントを託したセバスチャン・ブエミが1分38秒347を記録。朝の段階では2秒以上あったギャップを最終的には0.86秒まで縮めた。

 ポルシェの約半分の周回に留まったアウディは、ブノワ・トレルイエがドライブした午後のセッションでこの日のベストタイムとなる1分39秒393を記録し3番手。夜のセッションでは4周しか記録できず、不安なスタートとなった。

 LMP2は、36号車シグナテック・アルピーヌのオレカ・ニッサン05が1分47秒782でクラス首位。LMGTE Proは1分58秒109をマークしたAFコルセの51号車フェラーリ488 GTE、LMGTE Amは98号車のアストンマーチン・レーシングのバンテージV8がそれぞれトップにつけている。

2016年3月25日 FIA WECプロローグ 7号車アウディR18
2016年3月25日 FIA WECプロローグ 7号車アウディR18
2016年3月25日 FIA WECプロローグ 36号車シグナテック・アルピーヌのオレカ・ニッサン05
2016年3月25日 FIA WECプロローグ 36号車シグナテック・アルピーヌのオレカ・ニッサン05
2016年3月25日 FIA WECプロローグ 51号車AFコルセのフェラーリ488 GTE
2016年3月25日 FIA WECプロローグ 51号車AFコルセのフェラーリ488 GTE

関連のニュース

おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

28日(Tue)

29日(Wed)

30日(Thu)

1日(Fri)

WRC 第7戦ポーランド

JRC 第5戦ARKラリー洞爺

2日(Sat)

WRC 第7戦ポーランド

JRC 第5戦ARKラリー洞爺

FIAフォーミュラE第10戦ロンドン(イギリス)

3日(Sun)

F1 第9戦オーストリアGP

WRC 第7戦ポーランド

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第3戦ニュルブルクリンク(スプリント)

ALMS WSCC第6戦ザ・グレン6時間

世界ラリークロス 第6戦スウェーデン

JRC 第5戦ARKラリー洞爺

FIAフォーミュラE第11戦ロンドン(イギリス)

TCRインターナショナル第7戦ソチ

4日(Mon)