ル・マン/WECニュース

2016.10.18

引退するウエーバーの後任候補は2015年ル・マンLMP1優勝ペアが有力か?


 先日、富士スピードウェイで開催されたWEC世界耐久選手権第7戦富士の期間中、今季限りでの引退を表明したマーク・ウエーバーだが、ポルシェワークス内部では、来季2017年に向けた後任候補の選定が始まっている。

 その最有力候補と目されているのは、ワークス契約ドライバーであり、2015年にはLMP1-Hでル・マン24時間を制したニック・タンディとアール・バンバーのふたりとされている。

 2017年のポルシェワークスでエースカーのシートがひとつ空席になるにあたり、チームプリンシパルのアンドレアス・ザイドルは、この2名の若手ドライバーが「キュー(待機の列)の先頭にいる」と明かした。

「我々は贅沢なことに、現在GTプログラムのドライバーにふたりのル・マン・ウイナーを抱えている」と、ザイドル。

 2015年のワークスLMP1-Hで19号車をドライブしたニック・タンディ/アール・バンバー/ニコ・ヒュルケンベルグ組は、急増トリオであったにもかかわらず、レギュラーの2台に先行し、24時間の長丁場の末に栄冠を手にした。

「彼らは唯一のチャンスに対して、準備期間が短かったにもかかわらず見事なレースでル・マン覇者の称号を獲得して見せた。これは彼ら両者が素晴らしい仕事を成し遂げられるということを証明している」

今季はWECやIMSAで911RSRをドライブするニック・タンディ(左)とアール・バンバー(右)
今季はWECやIMSAで911RSRをドライブするニック・タンディ(左)とアール・バンバー(右)
今季のル・マンでも、それぞれGTEプロクラスの91号車、92号車の911RSRでエントリー
今季のル・マンでも、それぞれGTEプロクラスの91号車、92号車の911RSRでエントリー
IMSAウェザーテック・チャンピオンシップにはGTLMクラスに参戦中
IMSAウェザーテック・チャンピオンシップにはGTLMクラスに参戦中


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

STANCEMAGICエンジェルス/2018SGT
桜井MIU(さくらいみう)

Photo Ranking

フォトランキング