ル・マン/WECニュース

2016.10.26

WECに衝撃! アウディが2016年限りのWEC/ル・マン24時間からの撤退を正式発表


 アウディスポーツは10月26日、今後のモータースポーツに関する計画についてのプレスリリースを発行し、2016年限りでル・マン24時間耐久レースを含むWEC世界耐久選手権から撤退し、フォーミュラEへの関与を強めると発表した。

 1999年にアウディR8R/R8Cでル・マン24時間に参戦を開始して以来、ル・マンで歴代2位となる合計13勝。アウディ製のプロトタイプカーが世界中で106勝もの成績を収めてきた近代耐久レース最強の巨人が、その挑戦の歴史にいったん幕を下ろすことになった。26日、アウディは2016年限りでのル・マン24時間を含むWEC世界耐久選手権からの撤退を正式に発表したのだ。

 これは、26日に発表されたアウディのモータースポーツ活動計画に向けたリリースのなかで触れられたもの。このなかで、アウディは2016年をもってWEC/ル・マンから撤退し、代わってフォーミュラEへの関与を強めるとした。

 この決定は26日の朝に、アウディの管理執行役員のルパート・シュテードラーから、モータースポーツディビジョンの従業員300人に告げられた。シュテードラーは、今回の決定について『今後の未来に向けて、アウディがより競争力を保つことが重要』だと語った。