ル・マン/WECニュース

2016.11.17

ルーベンス・バリチェロが来季ル・マン24時間へ。新規参戦のLMP2で


 このバリチェロのプログラムはELMSのラウンドにも拡大する可能性があり、チームのステークホルダーであり巨大スーパーマーケットチェーンを所有するファン・アードが、ビジネス上の都合で欠場を余儀なくされる場合、バリチェロがそのシートに座るとしている。

 バリチェロは近年のキャリアで、母国に加え北米でもスポーツカー・レーシングの経験を積んでおり、今季の初めには自身3度目のエントリーとなるデイトナ24時間にも参戦。ウェイン・テイラー・レーシングチームのダラーラ製DPをドライブしている。

 レーシング・チーム・ネダーランドは、すでに新型ダラーラLMP2を手配済みで、先日にはLMP2カスタマーで初となるギブソン製ワンメイクエンジンの供給も受け、フランス・マニクールでのシェイクダウン・テストを敢行。

 同チームの代表には、ラマースが以前設立した“レーシングチーム・オランド”のテクニカルチーフを務めていたデイビー・レマンスが就任している。

すでに来季型LMP2のダラーラ・ギブソンをシェイクダウンしたレーシング・チーム・ネザランド
すでに来季型LMP2のダラーラ・ギブソンをシェイクダウンしたレーシング・チーム・ネザランド

鉄人バリチェロにとっても、スポーツカー耐久の最高峰、ル・マン24時間への挑戦は初となる
鉄人バリチェロにとっても、スポーツカー耐久の最高峰、ル・マン24時間への挑戦は初となる


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

KEIHIN BLUE NAVIGATOR/2017SGT
栗沢綾乃(くりさわあやの)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

13日(Wed)

14日(Thu)

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)