ル・マン/WECニュース

2016.11.17

ルーベンス・バリチェロが来季ル・マン24時間へ。新規参戦のLMP2で


今季のデイトナ24時間にはコルベットDPで参戦したルーベンス・バリチェロ

 F1キャリアで通算11勝を記録し、最多出走記録も保持する“鉄人”ことルーベンス・バリチェロが、新しくWEC世界耐久選手権のエントラントとして名乗りを上げたオランダのチームとともに、来季のル・マン24時間に初参戦することが明らかになった。

 現在44歳のバリチェロは、今季も母国ブラジルの人気選手権『ストックカー・ブラジル』にフルタイムでエントリー。過去3年間でシリーズチャンピオンを獲得するなど、今も現役で華々しい活躍を演じている。 

 そのバリチェロが、来季の新型LMP2であるダラーラ・ギブソンを走らせるオランダのレーシングチームに参画し、WECにおける最高峰の1戦に挑むこととなった。

“レーシング・チーム・ネダーランド”を名乗る同チームは1988年のル・マン24時間覇者であるオランダ人、ヤン・ラマースとジェントルマンのフリッツ・ファン・アードがドライバーを務め、全6戦のELMSヨーロピアン・ル・マン選手権には、このペアリングでエントリーしている。ラマースとファン・アードはこのパッケージで2年にわたり、ELMSプログラムを継続してきた。

「私は(ル・マン24時間に向け)誰が一緒に戦ってくれるかをリストアップしていたんだが、そのときにルーベンスの名前が浮かんだんだ」と、ラマース。

「私は彼を15歳のときから知っている。彼はまだ英語を話すこともできなかったが、1989年の終わりに私のGMロータス・ユーロシリーズ・チームのテストに呼んだんだ。先日、ル・マンのアイデアをルーベンスに伝えたところ、彼はすぐに賛同してくれて、とても興奮していたよ」

F1引退後、母国ブラジルでは国内選手権のツーリングカーでタイトルも獲得
F1引退後、母国ブラジルでは国内選手権のツーリングカーでタイトルも獲得


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

News Ranking

本日のレースクイーン

OKABEJIDOSHAクラッシュギャルズ/2017S耐
蒼マリ(あおいまり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

26日(Wed)

27日(Thu)

28日(Fri)

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

29日(Sat)

インディカー・シリーズ 第4戦フェニックス

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

30日(Sun)

モーターファンフェスタ2017

スーパー耐久第2戦スポーツランドSUGO

SBK 第4戦オランダ

WRC 第5戦アルゼンチン

JRC 第3戦久万高原ラリー

WTCC 第2戦イタリー(モンツァ)

F1 第4戦ロシアGP

1日(Mon)

2日(Tue)