ル・マン/WECニュース

2016.11.18

WEC:ロシア拠点のBRエンジニアリング、ダラーラと組んで18年からLMP1へ挑戦


BRエンジニアリングが製作し、SMPレーシングが走らせるBR01

 FIA世界耐久選手権(WEC)のLMP2クラス用車両『BR01』を製作したBRエンジニアリングは、ダラーラとタッグを組んで2018年からハイブリッド非搭載のLMP1-Lにステップアップを果たす。

 BRエンジニアリングのオーナーであるボリス・ローテンバーグと、ダラーラのアンドレア・ポントレモリCEOは18年のLMP1-L参戦に向け、来年から参戦用車両『BR1』を共同で開発することで合意した。BR1を走らせるのはローテンバーグが代表を務めるロシアチーム、SMPレーシングだ。

 この共同プロジェクトは先週木曜日にイタリアで始動。2017年はマシンデザインと製作、各種テストとFIAホモロゲーション取得にあてられる。また、マシン開発時のトラックオペレーションにはGP2やDTMに参戦するトップチーム、ARTグランプリが協力する。 

 15年シーズンにLMP2クラスにBR01を投入したBRエンジニアリングにとって、LMP1参戦プロジェクトは次なる一手と呼べるもの。BR01は今季のヨーロッパ・ル・マンシリーズ(ELMS)でランキング3位につけたほか、デイトナ24時間ではポールポジションを、ル・マン24時間耐久レースでは表彰台フィニッシュを果たしている。

 また、来季からLMP2用シャシーコンストラクターが制限されること、アウディがLMP1-Hから撤退することも、同社のLMP1-L参入を後押ししたとみられている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

WedsSport RACING GALS/2017SGT
木村理恵(きむらりえ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Wed)

16日(Thu)

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)