ル・マン/WECニュース

2016.12.26

WEC:ラピエールがシグナテック残留。アルピーヌとLMP2連覇に挑む


2016年のLMP2チャンピオンを獲得したグスタボ・メネゼス/ニコラ・ラピエール/ステファン・リケルミ組36号車アルピーヌA460・ニッサン

 2016年にFIA世界耐久選手権(WEC)のLMP2チャンピオンに輝いたニコラ・ラピエールは、2017年もシグナテック・アルピーヌからWECへ参戦することとなった。

 ラピエールは16年シーズン、グスタホ・メネゼスとステファン・リケルミとともに36号車アルピーヌA460・ニッサンをドライブし、シリーズタイトルを獲得。2017年も同チームに留まり、アルピーヌの名を冠したオレカ・ギブソン07をドライブする。

 チームを率いるフィリップ・シノーは「ニコラがシグナテック・アルピーヌに留まる決断をしてくれて、本当に嬉しい」と述べた。

「16年シーズンに培った勝利の方程式を構築することが、来シーズンへの準備に向けて非常に重要な最初のステップとなる」

 ラピエールは「アルピーヌを代表して戦いを続けられることを誇りに思う」とつけ加えている。

 なお、ラピエールのチームメイトに関してはアナウンスされていないものの、来季はメネゼスのドライバーランクがゴールドにアップグレードされるため、同じ布陣を組むことはできなくなる見込みだ。

 LMP2では、それぞれのマシンには少なくともひとりのシルバーランク、もしくはブロンズランクのドライバーをエントリーさせる必要がある。

 また、シグナテックは16年シーズンにバクシDCレーシング・アルピーヌとして2台目のマシンをエントリーさせていたが、2017年も2台体制を維持する方向で調整を進めているという。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング