ル・マン/WECニュース

2017.02.02

トヨタ、ル・マン24時間に『3台目』投入を正式発表。WTCC王者ロペス加入


 トヨタ自動車は2月2日、東京・お台場のMEGA WEBで『2017 TOYOTA GAZOO Racing プレスカンファレンス』を開催し、トヨタ/レクサスの17年モータースポーツ活動について発表したが、このなかでWEC世界耐久選手権のハイライトであるル・マン24時間に、3台目のトヨタTS050ハイブリッドを投入することを明らかにした。

 2012年にル・マン24時間に復帰したトヨタは、これまでライバル勢が3台目のマシンを投じて勝利を狙ってくるなかで、WECの他レース同様2台体制を維持しつづけていた。

 一方、WECでは2016年限りでアウディが撤退。2017年はトヨタとポルシェの一騎討ちとなるが、16年に勝利間際でストップを喫し逃した勝利を得るべく、待ち望まれた『3台目』を投じると発表した。3台目のTS050ハイブリッドは、前哨戦となる第2戦スパ、そしてル・マン24時間のみの参戦となる。

 また、ドライバーラインアップも発表された。ゼッケンはまだ決まっていないが、1台はセバスチャン・ブエミ/アンソニー・デイビッドソン/中嶋一貴というトリオ。もう1台はマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペスというトリオに。これまでもウワサになっていたWTCC世界ツーリングカー選手権王者のロペスが、初のスポーツカーレースに挑むことになる。

 スパ、ル・マンに挑む3台目は、現在のところステファン・サラザンが確定している以外ふたりのドライバーは決まっていない。

 今のところライバルとなるであろうポルシェの台数は明かされていないが、3台同士での戦いとなった場合激戦は必至。大いに注目のレースとなりそうだ。

■WEC世界耐久選手権 TOYOTA GAZOO Racing ドライバーラインアップ

セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デイビッドソン/中嶋一貴
マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス
ステファン・サラザン/TBN/TBN