ル・マン/WECニュース

2017.02.17

ニッサン/ニスモ、今季もグローバルにプロトタイプカー用エンジンを供給


 日産自動車とニスモは2月17日、2017年のモータースポーツ活動計画について発表し、WEC世界耐久選手権をはじめとしたさまざまなスポーツプロトタイプカーレースに、エンジン供給を行うと発表した。

 ニッサン/ニスモでは、これまでも世界各地で開催されてきたLMP2用エンジン・VK45DEで多くの勝利を収めてきたが、2017年からLMP2用エンジンはワンメイク化された。ただ、逆にカスタマーレーシング・エンジンサプライプログラムとして、多くのカテゴリーに供給を行っていくとしている。

 まずWEC世界耐久選手権では、すでにバイコレス・レーシングから発表があったとおり、LMP1クラスに参戦するCLM P1/01に、かつてニッサンGT-R LMニスモに搭載されていたハイパフォーマンスな3リッターV6ターボエンジンのVRX30A evo.を供給。技術支援を行う。

LMP1用VRX30A evo.。今季はバイコレスのCLM P1/01に搭載される。
LMP1用VRX30A evo.。今季はバイコレスのCLM P1/01に搭載される。

 また、アメリカのIMSAスポーツカー・チャンピオンシップには、新たにDPi車両向けにGT3仕様をベースとしたVR38エンジンをエクストリーム・スピード・モータースポーツに供給。すでにシリーズは開幕しているが、2台が参戦している。

DPi用VR38エンジン
DPi用VR38エンジン

 一方、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズやアジアン・ル・マン・シリーズ等で開催されているLMP3車両向けに、すでに3年間で111基供給した実績があるVK50エンジンを供給。ニッサンでは、LMP3の人気が今後も拡大し、グリッドでのニッサンの存在が増すとしている。

LMP3用VK50エンジン
LMP3用VK50エンジン

「DPiやWECのLMP1、LMP3各シリーズ等、世界各地の著名なレースで各チームが好成績をあげられるよう、戦闘力の高いレーシングエンジンと、LMP2で培った技術支援を提供していきたいと考えています」とニスモの片桐隆夫CEOは語っている。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ/2017SGT
大崎みゆ(おおさきみゆ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

16日(Sat)

JRC 第6戦RALLY HOKKAIDO

WEC 第6戦オースティン6時間

17日(Sun)

世界ラリークロス 第10戦ラトビア

インディカー・シリーズ 第17戦ソノマ

SBK 第10戦ポルトガル

JRC 第6戦RALLY HOKKAIDO

ブランパンGTシリーズ・スプリントカップ 第5戦ニュルブルクリンク

F1 第14戦シンガポールGP

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)

22日(Fri)