スーパーフォーミュラニュース

2017.08.22

シーズン前半の苦闘から一転、チャンス射抜いたガスリー。「いいタイミングで勝てた」


ピエール・ガスリー(右)と15号車の星学文エンジニア(左)

 変転する気象状況と今季初のドライタイヤ2スペック制とが絡み合い、皆にとって未知の要素が急増したスーパーフォーミュラもてぎ戦。そこで初優勝を果たしたのは、今季最注目新人のピエール・ガスリー(TEAM MUGEN)だった。シーズン前半の苦闘から一転、F1候補生でもある大器はホンダのパフォーマンスアップと幸運も味方に、チャンスを確実に射抜いてみせた。