2019.05.20

ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス レースレポート


スーパーフォーミュラ | ホンダ 2019スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス レースレポート

Round.2
オートポリス
大分県 日田市

決勝
2019.05.19(日)

山本尚貴が2位表彰台を獲得。牧野任祐が4位でフィニッシュ

 5月18日(土)~19日(日)、オートポリス・インターナショナルレーシングコース(大分県)で2019年度全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第2戦が開催されました。土曜日は朝から雨模様となり、午前中のフリー走行ではコースオフする車両が続出したこともあり、午後の公式予選は風雨がさらに強まったためキャンセルされました。

 19日日曜日午前8時45分に、前日から順延された公式予選セッションが40分間の予定で行われました。開始直前から強まった雨で路面はヘビーウエットコンディションとなり、コースオフ車両が続出したためセッションは3回にわたり赤旗で中断、各車とも十分にタイムアタックをする機会がないまま打ち切られました。
 
 その結果、Hondaエンジンユーザーの最上位は、#5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の3番手、以下#50 ルーカス・アウアー(B-Max Racing with motopark)の5番手、#17 塚越広大(REAL RACING)の9番手という結果となりました。

 決勝レースは、同日午後2時から始まりました。細かい雨は残っていたものの路面はほぼドライコンディションとなり、各車スリックタイヤを装着してクリーンスタートを切りました。
 
 ところが2周目にコース上で停止した車両が生じたためセーフティカーが介入、このタイミングでタイヤ交換義務を消化するためピットインする車両が続出し、見かけ上の順位が大きく変動することとなりました。

 セーフティカー先導で8周を周回したあと、レースは再開されました。この段階でトップに立ったのはピットインしなかった#4 国本雄資(トヨタ)で、2番手には国本と同様走り続けた#19 関口雄飛(トヨタ)、3番手にはソフトタイヤでスタートしピットインを見送った#65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)がつけました。
 
 4番手以降にはピットストップを終えた車両が続きましたが、そのなかで大きく順位を上げたのは、#1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)でした。
 
 #1 山本は、公式予選開始直後にクラッシュ、スターティングポジションが17番手と低迷したこともあり、ミディアムタイヤでスタートした直後の1周目にいち早くピットイン、ソフトタイヤへの交換と給油を行なったためセーフティカーの介入で一気に6番手まで順位を上げたのでした。

2位表彰台を獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
2位表彰台を獲得した山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング