スーパーGTニュース

2017.08.28

スーパーGT:JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート


2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第6戦鈴鹿サーキット レースレポート
◆8月27日(日)<決勝>
天候:晴れ
コース状況:ドライ
#51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 6 位

 5番手からスタートしたJMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、セットアップやタイヤ選択などの戦略で苦労したもののミスなく走り切り、6位でSUZUKA 1000kmのチェッカーを受ける。

 真夏の3連戦を締めくくることになる『第46回インターナショナルSUZUKA 1000km』。JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、26日(土)の予選Q1を9番手で突破し、予選Q2では鈴鹿サーキットを得意とするJAF-GT勢には届かなかったものの5位を獲得。決勝レースでの飛躍が期待された。

 迎えた27日(日)の決勝は、前日とは一転して夏の日差しがサーキットに照り付ける。10時55分から20分間のウォームアップ走行時には、すでに気温は30℃を超え、路面温度は45℃まで上昇した。ウォームアップ走行では、予定通りに中山雄一と坪井翔の両ドライバーが乗り込み7周を周回してタイヤの皮むきをするとともに、マシンの最終チェックを行なった。

 1000km(173周)の長丁場となる決勝レースは、予定通りの12時30分に三重県警の白バイとパトカーの先導によるパレードラップでスタート。気温は30℃、路面温度は47℃と午前中のウォームアップ走行よりもさらに過酷な状況で6時間のレースが始まった。

 スタートを担当した中山は、1周目に早くも4号車グッドスマイル初音ミクAMGをパスして4番手に浮上する。中山は3周目に自身のベストタイム2分2秒647をマークし、さらに上位を追った。

 GT500クラスとの混戦の中でも2分3秒台~4秒台の安定したラップタイムを刻み22周目を走行しピットイン。3番手で坪井にバトンを渡す。坪井も中山と同等のラップタイムで周回を続け、ピットインのタイミングで一時は18番手まで順位が落ちたものの30周目には8番手、35周目には4番手まで順位を浮上させる。

 39周目に55号車が最終コーナーでクラッシュしたため1回目のセーフティカーが導入される。6周に渡ってセーフティカーが先導し、レースは44周目にリスタート。JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、2分3秒台の好タイムで周回を重ねて50周目にはトップに立つ。そのまま56周目に2回目のピットインを行ない坪井から中山にドライバーチェンジ。

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3

 ただ、路面温度はスタート時の47℃から45℃とそれほど下がることなく、装着したタイヤとコンディションがマッチしない。中山が2回目のドライブとなった第3スティントは、タイムが伸び悩み2分4秒~5秒で走行するのが精いっぱいだった。そのため第3スティントは、21周の短い周回数で77周目にピットイン。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングレースクイーン/2017SGT
柳本絵美(やなぎもとえみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)