スーパーGTニュース

2017.10.10

スーパーGT:JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 2017年第7戦タイ 決勝レポート


JMS P.MU LMcorsa RC F GT3

2017 スーパーGT
INGING MOTORSPORT
第7戦チャン・インターナショナル・サーキット レースレポート

◆10月8日(日)<決勝>

天候:曇り|コース状況:ウェット/ドライ
#51  JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 優勝

 タイ・ブリーラムにあるチャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦「Chang SUPER GT RACE」の決勝が開催された。

 今シーズン初のフロントロウからスタートしたJMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、的確なピットストップの判断と二人のドライバーの活躍で今シーズン2勝目を飾る。

 前日の予選Q2で、中山雄一のドライブによって2番手グリッドを獲得したJMS P.MU LMcorsa RC F GT3。チームとして初のフロントロウのスターティンググリッドを得たことによりチームの士気は高まり、トップチェッカーを目指しての戦いとなった。
 
 8日の決勝日は、前日のように荒れた天候とはならず、朝から昼過ぎまでは晴天となっていた。だが、13時45分からのスタート進行が始まると、サーキットの周りは雨雲に覆われてくる。スタート30分前になると、やはり雨が降り始め一瞬のうちにコースはウエットコンディションとなった。スタート前に雨は小ぶりになったため、各チームは一層タイヤ選択に悩まされることになる。

JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
JMS P.MU LMcorsa RC F GT3

 
 そして66周の決勝レースは、予定通りの15時にマシンがグリッドを離れる。ウエットコンディションとなったためスタートから2周はセーフティカーが先導し、3周目にレースが開始された。フロントロウからスタートしたJMS P.MU LMcorsa RC F GT3は、上位のライバル勢と同じくレインタイヤを装着し周回を重ねていく。
 
 スタートドライバーを務めた中山は9周目までは2番手を守るが、雨が止み路面が乾き始めるとペースが鈍ってくる。異なるタイプのレインタイヤを履くライバル勢を必死に押さえながら走行するが、それでも14周目には4番手、15周目には5番手とポジションを落としていった。
 
 明らかにスリックタイヤの方が速いコンディションとなってきたが、このタイミングでピットインしてドライバー交代をおこなうと一人のドライバーの最大周回数を超えてしまうため、JMS P.MU LMcorsa RC F GT3は序盤よりタイムが落ちていたがコースに留まる判断をする。
 
 レインタイヤのまま18周目まで走行し、このタイミングで中山をピットに戻し、スリックタイヤに交換するとともにドライバーを坪井にチェンジする。20周目になるとライバル勢もピットインに入る。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Team LeMans circuit lady/2017SF
青山由美子(あおやまゆみこ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Wed)

19日(Thu)

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)