スーパーGT ニュース

2017.10.14

『クラス1』の5車の競演が実現! GT500マシンはファンからも大注目


スーパーGT | 『クラス1』の5車の競演が実現! GT500マシンはファンからも大注目

 10月14日、DTMドイツツーリングカー選手権最終戦ホッケンハイムは開催2日目を迎えたが、DTMのレース1を前に、スーパーGT500クラス車両のレクサスLC500とニッサンGT-RニスモGT500が、DTM車両の3車とともにデモ走行を行った。

 DTMとスーパーGTという、ふたつの自動車大国が誇るレースのマシンが、ドイツの青空の下でついに競演を果たした。今回のDTM最終戦では、レクサスLC500とニッサンGT-Rの2車が運ばれ、10月13日にはフリープラクティスを実施。ドイツのファンに2リッター4気筒直噴ターボ“NRE”のサウンドを響かせた。

 迎えた14日は、汗ばむような陽気の下、この日はF1ドライバーのバルテリ・ボッタスやセバスチャン・ベッテルもホッケンハイムを訪れており、スタンドも多くのファンで賑わったが、DTMのプラクティス、予選を経て、現地時間の13時40分からついにドイツのファンの前で5車揃ってのデモランが実現した。

 まずはロニー・クインタレッリ駆るGT-R、ヘイキ・コバライネン駆るLC500がコースイン。1周をこなした後、ピットアウトしてきたDTM車両の3車と合流。ついに5台揃っての走行シーンが展開された。なお今回はレース直前ということもあり、DTM車のなかには“本番用”のマシンではなく、同乗走行で使われる“タクシーライド”用のマシンも使われたが、それでも意義深いシーンだったのは間違いない。

 走行の様子はITR e V.のゲルハルト・ベルガー代表や、ホッケンハイムを訪れたGTアソシエイションの坂東正明代表も見守り、坂東代表も走行後、5台の競演に満足げな笑顔を浮かべていた。

 デモラン後は、DTMのレース1のコースインが行われ、グリッドにDTM車両が整列した後、クインタレッリとコバライネンのふたりは、DTMドライバーたちに混じってドライバーズパレードに参加。スタンドのファンの声援に応えていた。また、走行前に行われたピットウォークでも、ファンが多数2台のピット前を訪れ、初めて見るGT500マシンに大いに注目していた。11月のスーパーGT最終戦もてぎでは、車体の都合で今回参加できなかったホンダNSX-GTを含め、6台が一堂に会するシーンが見られるはずだ。

ニッサンGT-RニスモGT500とアウディRS5 DTM、BMW M4 DTM
13日早朝に撮影されたオフィシャルフォト。クラス1の5車が勢揃いした。
レクサスLC500がニッサン、メルセデス、アウディ、BMWを率いる。
BMW M4 DTM、レクサスLC500、アウディRS5 DTMという3台の競演
ピットウォークでは多くのファンがGT500マシンのピットを訪れた。
ピットウォークでは多くのファンがGT500マシンのピットを訪れた。
DTMのスタート前の様子を見守るロニー・クインタレッリとヘイキ・コバライネン
走行後、満足げな笑顔をみせるニッサン田中利和総監督とGTA坂東正明代表
日本でもおなじみロイック・デュバルとアウグスト・ファーフスと写真に収まるクインタレッリ
マティアス・エクストロームとロニー・クインタレッリ
ホッケンハイムにニッサン/ニスモの旗をはためかせるロニー・クインタレッリ
ザックスカーブを曲がるニッサンGT-RニスモGT500とアウディRS5 DTM、メルセデスAMG C63 DTTM
ザックスカーブを曲がるニッサンGT-RニスモGT500とアウディRS5 DTM、メルセデスAMG C63 DTM、BMW M4 DTM


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
鈴木ちひろ(すずきちひろ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング