スーパーGTニュース

2018.05.05

D’station Racing 2018スーパーGT第2戦富士 レースレポート


D’station Racing
Race Report 002 − 2018.5.5

コンディションに予想外の苦戦も
総力結集で6位入賞を果たす

AUTOBACS SUPER GT SERIES Round.2 Fuji

 望外の2位表彰台獲得を果たした第1戦岡山から約1ヶ月。D’station Racingは、事前の公式テストで好タイムをマークしていた得意の富士スピードウェイで開催される第2戦富士を迎えた。第1戦の後に行われた鈴鹿でのテストでも好タイムを記録しており、D’station Porscheの状態はいい。悲願の初勝利に向け、ドライバーの藤井誠暢、スヴェン・ミューラー、そしてチームメンバーの期待も高かった。

 ゴールデンウイークの一戦とあり、例年晴天に恵まれるこのラウンドだったが、そんな好調のD’station Porscheにとって思わぬ幕開けとなってしまう。5月3日の予選日、前日から降っていた雨は止んだものの、次第にサーキットは霧が濃くなり、午前8時40分からの公式練習はなんと中止になってしまった。急遽、天候が回復した午後0時50分から30分間走行が行われたが、本来予選、決勝に向けた重要な走行時間が失われてしまった。

 午後2時45分からの公式予選も、20分1回と通常とは異なる形式が採られたことから、30分間の公式練習も藤井のみがステアリングを握り1分37秒992で3番手につけ、公式予選に臨んだ。ただ、開幕戦での2位による30kgのウエイトハンデ等が影響したか、藤井をもってしても1分37秒358というベストタイムで10番手に。その後上位車両にペナルティがあったことから、D’station Porscheは9番手から決勝レースに挑むことになった。

 予選後に第3戦が、そして明けた5月4日に第4戦が行われたポルシェ カレラカップ ジャパンでは、星野敏オーナーが2位、3位と連続表彰台を獲得するなどD’station Racingは大いに士気を高め、5万5000人が訪れた4日の決勝レースを迎えた。天候はゴールデンウイークらしい五月晴れ。D’station Porscheは藤井誠暢がステアリングを握り、500kmの長丁場のレースに挑んでいった。

 決勝に強いポルシェ911 GT3 Rのポテンシャルを活かし、藤井は序盤から少しずつポジションを上げていくが、藤井はドライブしながら、予選で使用し、決勝スタートに用いられたタイヤのパフォーマンスがそれほど高くないことを感じ取っていた。上位にはつけても、これではトップ争いには加われない……。藤井は早めのピットインがベターであることを無線で伝え、25周を終えピットイン。別のタイヤを装着し、ミューラーに交代した。

 藤井の読みどおり、交換したタイヤのポテンシャルは悪くない。ミューラーは着実に上位陣と互角のタイムで周回を重ねていく。ただ、トップはさらにペースがいい。また、後方からは#11 GT−Rがハイペースで追い上げてきた。そんななか、この週末初めての本格的なドライブながらミューラーはハイペースで走行を重ねながら、44周を走行。69周を終えピットに戻り、ふたたび藤井にバトンを繋いだ。

 ふたたびコクピットに戻った藤井は前を追い、#65と#0という2台のメルセデスが競り合う4番手争いに加わろうとスパートをかけるが、やや間隔が開いておりそのままチェッカー。6位でフィニッシュすることになった。

 事前には優勝も狙っていたこともあり、D’station Racingにとってはややもの足りない順位ではある。「本来得意ではなかった岡山ではポイント獲得、富士で表彰台以上と考えていただけに、なんだか逆になってしまいましたね」と藤井も苦笑い。

 第1戦でのウエイト、さらにコンディションがD’station Racingに味方しなかったがゆえの結果だが、チーム、そしてドライバーたちは与えられた環境の中でベストを尽くしており、不利な状況の中でのポイント獲得は、目指すチャンピオンに向けて欠かせない条件だ。現に、2戦を終えて藤井とミューラーはランキングで2位と同点の20ポイントで3位につけているのだ。まだシリーズの先は長い。チームは6位という結果を前向きにとらえ、次戦鈴鹿に挑む。

D’station Racingのメンバー
D’station Porsche