スーパーGTニュース

2018.05.07

「彼の能力の証明」。コバライネンが語るGT500ルーキー坪井のトップ快走&2位表彰台とサードの内情


WECスパに出場した小林可夢偉に代わってスーパーGT500クラスデビューを果たした坪井翔がいきなりの2位表彰台獲得

“助っ人ルーキー”の坪井翔が戦力として十二分に機能し、スーパーGT第2戦富士で今季初表彰台という躍進を見せたDENSO KOBELCO SARD LC500。代走ドライバー起用のみならずチーム体制にも変化があったなか、一昨年のGT500王者であるヘイキ・コバライネン&サード陣営が完全復活に向けて大いなる一歩を記した、そういう内容のレースだった。

 スーパーGT第2戦富士、直前に日本レース界が誇る名匠のひとりである山田健二エンジニアが急逝したことの影響は、山田エンジニアを失ったWAKO’S 4CR LC500陣営(チームルマン)以外にも波及した。

 開幕戦ではサードのエンジニアだった田中耕太郎氏がチームルマンに移籍し、サードには笠井昭則エンジニアが加わるという緊急人事があり、もともとWECとの日程重複で小林可夢偉を欠くことになっていたサードは、GT500新人の坪井翔を代走に起用するという既定の変更事項に加え、エンジニアの面でも変更要素を内包して富士戦に臨むこととなったのだ。

 今季のサードはシーズン開幕前の富士テストでトラブルが出て、ストレート脇にマシンがストップしてしまうシーンがあるなど、王座防衛を果たせなかった昨季後半からの流れの良くない面を引きずっているように見えた。

 そこへ来て、今回の緊急人事である。一線級のエンジニア同士による連鎖移籍とはいえ、なにぶん急な状況、さらなるピンチに陥るかもしれない局面を迎えていたわけだが、チームはここでV字回復を果たすことになる。

 田中エンジニアの置き土産というかたちになったタイヤ選択が奏功したこともあっただろうし、開幕戦が12位という結果だったため今回はノーハンデだったことも後押しになったとは思うが、サードは富士で一気に2位への大躍進を成し遂げる。勝負ごとの流れの機微というのは分からないものだ。

 チームにとって新しい要素が見事な働きを演じた。まずは坪井。中盤スティントを担当した22歳の若手気鋭は堂々たる走りでトップをキープし、自身のスティントを完遂する。優勝を争ったMOTUL AUTECH GT-Rにはピットストップで逆転を許す格好になったが、これはそれぞれのピット戦略やタイヤ特性等が高度に絡み合った結果であり、仕方ない。坪井の走りは、GT500ルーキーとは思えぬ見事なものだった。

 コバライネンも坪井を大いに褒める。「彼の仕事は素晴らしかったね。よく集中して速いペースで走れていたと思うし、ミスもなく安定していた。昨日(予選日)、霧の影響で(走行時間が短くなり)ほとんど走れないという難しい状況も彼にはあったというのにね」。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

Pacific Fairies/2018SGT
村山久美(むらやまくみ)

Photo Ranking

フォトランキング