スーパーGTニュース

2018.05.14

スーパーGT:入れ替わった勢力図。どうなる!? 第3戦鈴鹿300kmスプリントの勝負どころ


事前の鈴鹿公式テストで好調ぶりを発揮したRAYBRIG NSX-GT。第3戦では台風の目となるか

 今シーズンはこれまでの1000kmから300kmへとレース距離が短くなり、スプリント勝負となる5月19~20日開催のスーパーGT第3戦鈴鹿。第1戦、第2戦の結果を踏まえて、勢力図が大きく変わりつつある今季のスーパーGT500クラスを中心に第3戦鈴鹿の勝負のポイントを絞った。

 第1戦の岡山では予選でホンダNSX-GTがフロントロウを独占し、レースでもKEIHIN NSX-GTが優勝、今季話題のジェンソン・バトンが山本尚貴とコンビを組むRAYBRIG NSX-GTが2位に入り、ホンダNSX-GTがワンツー・フィニッシュを飾った。

 開幕戦でのホンダNSXの強さが印象的だったのは、そのレース内容だ。正攻法作戦のKEIHIN NSX-GT、そしてタイヤ無交換作戦を選んだRAYBRIG NSX-GTと、戦略を分けた2台が共にトップを争ってワンツー・フィニッシュしたことで、「今年のホンダは違う」の印象を強く残すことになった。

 今季のホンダNSX-GTは、昨年型から大きな改良が施されている。車体面ではインタークーラーの搭載位置変更が行われ、エンジンルーム内のコンポーネントの配置が大きく変わったことで、重心高を下げることができたのだ。

 エンジン面ではF1エンジンで行われている最新技術を投入。点火を副室と呼ばれるシリンダーヘッドの別燃焼室で行って燃焼効率を上げるプレチャンバー技術が効果を発揮しており、大幅な出力アップが実現したとも言われている。

 開幕戦での結果と、マシンとエンジンの技術的なアップデートが施された2018年型NSX-GTは一目、今シーズンのGT500クラスの大本命になったと思われたが、その期待が大きく裏切られたのが第2戦富士だった。

 予選ではMOTUL MUGEN NSX-GTが6番手に入るのがやっとで、決勝ではARTA NSX-GTの8位がホンダ陣営の最高位。開幕戦とは打って変わって、ホンダNSX-GTはニッサンGT-R、レクサスLC500の後塵を拝すことになってしまった。

 もちろん、この第2戦におけるホンダ陣営の低迷には理由がある。予選日の午前中に行われる公式練習が雨と濃霧の影響で1時間35分の走行時間から30分に短縮されてしまったのが最大の原因だった。

 鈴鹿サーキットでのテスト機会の多いNSX-GTはレクサス、ニッサンに比べて富士スピードウェイの走行データ量が少なく、公式練習でセットアップを合わせ込む時間が確保できないと、それだけでライバルに比べて大きなハンデになってしまう。

 ましてや今季型のNSX-GTは車体にもエンジンにも大幅な改良を施している分、これまでのデータとの参照が難しく、走行機会は1周でも多ければ多いほど、コンディションとセットアップの合わせ込みを最適化させることができる。その走行時間が短縮されたことで、ライバルに比べ、マシンの仕上がりで大きな差ができてしまったのだ。

 実際、レースではブリヂストンユーザーのNSX-GTにピックアップと呼ばれる、タイヤかすが飛んでいかずに自分の走行中のタイヤに付いたままになってしまう現象が発生。振動の原因やグリップダウンにドライバーが悩まされ、レースが進むにつれて順位を下げてしまう結果となった。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
山崎さとみ(やまざきさとみ)

Photo Ranking

フォトランキング